wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
イラストレーターの自覚 2012
イラストレーションファイル2012』が発売されました。これは、現在活躍中のイラストレーターの作品をまとめて観れる、定番のイラストレーター年鑑です。


ワキサカの作品は下巻の458ページに掲載されております

こういった年鑑に載せて頂くことで、改めて自分がイラストレーターである事を自覚致します。ワキサカは通常、心ここにあらずの状態で街を徘徊し、無意識にごはんをパクパクするだけの生き物。しかし、毎年この年鑑がウチに届き、錚々たる方の作品をパラパラ眺めていると、『あぁ!もっと絵を描かなきゃ』という気持ちになるのでございます。

そしてその決意を胸に仕事机に向かうけど、ついついYouTubeで小鳥とかの動画を眺めて眠るよね。そんな日は朝の目ヤニが凄いよ。

それにしても、掲載されている全てのイラストレーターの顔写真、プロフィールや連絡先が載っているこの年鑑。個人情報保護が叫ばれる昨今では珍しい本ですね。おばぁさんが4桁の数字をブツブツ言いながら銀行に入っていくレベルのアグレッシブさだと思います。

プロフィール写真では肩にオウムを乗せております。何がシャレオツなのか最早分からなくなってしまった結果がこの事態です。この写真がどういう状況で撮られたのかは、以下の日の日記をご覧下さいね。

2011年10月31日の日記


ちなみにこの本を利用したのかは分かりませんが、昨日は早速セールスの電話がかかってきました。自費出版の会社からでしたが、ずっと「ワカサキ先生」と呼んでくるので、他人事のように電話を切る事が出来て良かったです。

------------------------------------

Fashion illutration FILE 2011

実はもうひとつ。こちらは昨年に出た『ファッション・イラストレーションファイル2011』。こちらは『ファッション系』のイラストレーターさんだけを集めた年鑑です。ずっとご紹介するのを忘れておりました。


ワキサカの作品はこのような感じで載っております。倖田來未さんのツアーグッズや、ゼクシィの挿絵など。

ここに掲載して頂いたという事は、僕も『ファッション系』イラストレーターという事でよろしいのでしょうか?...今現在、謎の中国製スウェットを着てこれを書いているのが少し心苦しいです。

------------------------------------
★先日のUstream放送『ワッキー&ハナヨ・ピンクのホットステーション』をご覧頂いた皆様、ありがとうございました。次回は5月の予定です。


素人の文化祭のようなものでお恥ずかしいのですが、一応アーカイブ(録画)が残っておりますので、ヒマ過ぎて身体が震えて泡を吹きそうな時にでもご覧下さいませ。
...でも正直そんな時は先に病院いきなね。

(※番組の内容上、かなりの下ネタが飛び交いますので、苦手な方はご注意下さいね。ワキサカの文章よりイラストが好きな方はご覧にならない方が無難かも。)

http://www.ustream.tv/channel/pink874



作品comments(9) *author : wacky
海外挙式なゼクシィ
ずいぶんとご紹介が遅くなってしまいましたが、昨年の年末に発売された『ゼクシィ海外ウェディング』にイラストを描きました。

海外でロマンテックな結婚式を挙げたいカップルには必見の雑誌...などと書いてみて気付いたのですが、『カップル』てずいぶん昔からの呼び方ですよね。何か今どきの呼び方はあるのでしょうか。『つがい』だとペットみたいですし...『アベック』だと死語なので身体が固くなります。たぶんそれ死語硬直だよね。てへぺろ(・ω<)

久しぶりの更新なのに、こんな事になってしまいごめんなさいね。



さて、今回ワキサカが担当したのは『みなさんのお写真大募集!』のページ。実際の誌面ではイラストの右上にある『額』の部分に写真が合成されております。

もちろんお分かりかとは思いますが、『お写真募集』といっても海外挙式の写真ですからね。トイカメラで撮ったアート風な自分の足の写真とかはご遠慮くださいね。「足だね」としか感想の言いようがありません。ましてやウケようと思って、観光地での『顔ハメ』写真とかを送っても決して誌面には載らないと思います。なぜならこのような恐ろしいことになってしまうからです。


お嫁さん いいから逃げて

ほらもうお分かりでしょう?『顔ハメ』は『シャレオツ』とはマッチしないのです。元々は愉快な写真だったはずなのに、シャレオツと組み合わせる事によって急にサイコな人物に見えてしまうではありませんか。こんな人の隣には住みたくないよね。

ちなみに上の段の顔ハメはコンドーム。下の段の顔ハメはお殿様。その無粋な組み合わせも恐ろしいです。でもね、ここで一番恐ろしいのは、真面目に描いた自分のイラストに、アイコラみたいな事をして台無しにしているワキサカだと胸に刻んでくださいね。例えて言うならば作家さんが真面目に書いた小説の最後に、『なんつって』と付けるような感じです。心が痛いよ。

この雑誌には、他にもワキサカのイラストがたくさん載っています。それは目次や告知ページのイラストを担当する事が多かったので、毎号同じものが掲載されているからです。

『wackylog』でも以前紹介しておりますので、興味がございましたら下記リンクよりご覧くださいね。もし興味がなければ、布団に入って目をつぶっていると睡眠というものが訪れますのでお試しくださいね。夢中になってしまい、次の日がすぐにきちゃうほどの気持ち良さです。

「ゼクシィ」をブログ内検索

----
こちらの雑誌の担当編集者さんだったTさん。

お仕事の打ち合わせで始めてお会いした時に『恋するハニカミのイラストが好きです』とおっしゃったのです。通常ですと、自分の作品が褒められたら嬉しいものですが、この場合は困惑のほうが先でした。...だってね『恋するハニカミ』のイラスト描いてないんだもの。

あのぅ...あれ、僕の絵ではないですけど...

え?

長い沈黙。このまま季節が変わるんだと思いました。その後「す、すいません!間違えました」だとか「いえいえこちらこそ、その人じゃなくてすいません」という会話が続いたのです。気恥ずかしくて、むしろハニカミがとまらなかったよね。

この事が印象的で、その後むしろ何度も楽しくお仕事させて頂いたのですが、この春にTさんが転職されたとのこと。というワケで、ゼクシィの海外版に関わるのはこれで最後になるかもしれませぬ。海外挙式のご予定のある方はぜひこの機会にご覧くださいね。

雑誌comments(8) *author : wacky
ゼクシィでキレィ
9月23日発売の『ゼクシィ』2011年11月号にイラストを描きました。

ゼクシィ』は皆様の幸せをサポートする結婚情報誌です。今号も情報満載で、その厚みは約4cm、重さは3.7キログラム。雑誌を持ち上げるとお米の袋のような重さをずっしり感じますが、重さの質は違うと感じます。こちらは『幸せ』がたくさん詰まっておりますが、あちらはお米しか詰まっておらず、炊いてパクパクするだけだからです。


そして今号には、恒例の綴じ込み付録『彼専用ゼクシィ』が付いております。これは結婚前に、男性に読んでもらう小冊子。独身時代とは意識を変えてもらうため『彼から夫への脱皮』という副題がついております。
なんだか上手く説明できないけれど、男子は思春期の頃、とある脱皮について悩むものです。そして大人になってもまだ脱皮をしなきゃいけないなんて、生きるって大変なんですね。中学生のチミ、修学旅行で堂々とお風呂に入れるといいよね。


だとか、そんな思春期事情はどうでもよいのです。今回ワキサカがイラストを担当したのは、170〜177pの『美☆花嫁たちの式直前3ヶ月ビューティ大作戦』。結婚式で『キレイな花嫁』と言われるために、3ヶ月前から準備をしようという内容です。扉のイメージイラストやカットなどを描きました。(上の画像はその一部)

ワキサカも結婚式に出席する度、花嫁の美しさを褒めてまいりました。ですが時折、謎のセンスでメイクをしている花嫁もいらっしゃって、褒めにくい場合もございます。その場合、せめてウェディングドレスを褒めようとするのは危険です。驚きの白さに目がやられてしまい、雪山で遭難したのと同じ状態になってしまうのです。寒くて眠いよ。結婚式の出席者が、たまたまチョコレートを持っているでしょうか。応えは否です。

このように、花嫁の『キレイさ』は人の命まで左右しかねませんので、出来れば誌面に書いてある通りに、挙式3ヶ月前からエステに行ったり→2ヶ月前にアクセサリーを選んだり、→1ヶ月前にヘアメイクの打ち合わせ...といった事を実践してみてくださいね。

さらに詳しい内容はぜひ本誌でご確認頂きたいのですが、ゼクシィは持ち運ぶのがとても大変かと思います。ネットで購入されたほうが良さそうですね。どうしても店頭で、という場合には腰がピキピキピーッとかならないように、初めからうつぶせに寝っ転がって、背中にゼクシィを乗せて、ヘコヘコと尺取り虫のように運んだほうが無難かと思います。脱皮する前みたいに見えるよ。

雑誌comments(4) *author : wacky
挙式のはなし
 4月23日発売の『ゼクシィ 海外ウエディング完全ガイド2011 SUMMER&AUTUMN』 にイラストを描きました。『ゼクシィ』の海外挙式版です。


ワキサカが担当したのは、章とびら、本の使い方の説明ページや次号予告などなど。あちこちに色々載っていますので、ぜひ探してみてくださいね。幸せが一杯詰まった一冊です。

それにしても結婚式の段取りは大変だと思うのです。
式場選びに日時の取り決め、招待状、披露宴の打ち合わせ...やる事がたくさんあります。そして席次を決めるのもひと苦労。あの人は遠縁だし、この人は上司だし、その人はご祝儀泥棒...どのような配置にすればいいのか悩みどころです。背の高さ順なら楽なのにね。

もちろんお金もかかります。ウェディングプランナーさんに「一生に一度の事ですから」と高額な披露宴を薦められ、交通費をチョロまかしてコツコツ貯めた貯金もパー。実はウェディングプランナーさん自身はバツイチだったりして、「一生に一度の間違い」という意味なのですが、それはまた別の機会に詳しく書きますね。

神前式の場合には花嫁は白無垢姿ですから、当日に日本髪を結うのも大変です。結わないでも似合うのはサザエさんだけと聞いております。式の最中には、お色直しにご挨拶、両親へのお手紙も朗読しますので、休む暇もありません。
さらには、よく知らない親戚のおじさんが酔っぱらう事が多々あります。謎の動きでクネクネと舞い踊り、「これがホントのてんてこ舞い」なとと叫んだりしますので、とりあえずブーケでも口に詰めて黙らせるしかないのです。フガフガ言いますが、ためらってはダメです。


その点、海外挙式なら本当に楽だと思います。両親だけ、あるいは少人数だけを呼ぶだけで済みますし、ややこしい親戚のおじさんも来ません。おそらくパスポートを持っていないからです。
お金がかからないのも魅力のひとつ。特にリゾート挙式ならウェデイングドレスでなくとも、白い水着にベールだけでも良いでしょう。露出がちょっと気になるようでしたら、肌の部分を白く塗ってしまえばいいのです。暑いですし、皆さん細かい所には気付きません。
ご両親への海外旅行のプレゼント代わりにもなりますし、多くのメリットがある海外挙式。結婚のご予定がある方は、ぜひ雑誌をご覧になって色々資料請求してみて下さいね。一生に一度の事なんですから。えへへ。

以上、式どころか入籍もしたことがないワキサカの、脳内からのお知らせでした。


雑誌comments(10) *author : wacky
自覚する2011
毎年発行される定番のイラストレーター年鑑『イラストレーションファイル2011』が発売されました。

ブログを始めてからというもの、おもしろい看板があれば写真を撮ってみたり、変わった人がいたら観察したりする日々。段々と自分の職業が分からなってまいります。ですから毎年一回、こういった年鑑に載せて頂くと、自分がイラストレーターである事を自覚出来てありがたいのです。

それにしても、周りのイラストレーターさん達のように、カフェ巡りをしたり、米粉のパンを焼いたり、オサレな日常がうらやましいです。あ、米粉のパンどころか、ヤキモチを焼いちゃいました。...ムリある?

さて。ワキサカの作品は450ページに載っております。毎年どの作品を載せようか迷うのですが、今年はこのようなチョイスをしてみました。



-----
左上倖田 來未 LIVE TOUR パンフイラスト詳細記事
左下 展覧会用作品
右上 展覧会用作品 昨年のエイプリルフール→(詳細記事
右中 ゼクシィ 海外ウェディング 挿絵 (詳細記事
右中 ANA機内誌 挿絵 (詳細記事
-----

いかがでしょうか。イラストの雰囲気と、本人のイメージが違うとも言われるワキサカですが、それはそれで仕方がありません。僕にもそういう経験があるのです。

以前にも書きましたが、僕は小学生の頃「うる星やつら」のラムちゃんが大好きで、作者をラムちゃんと同一視しておりました。なんなら執筆中にヒョウ柄の水着を着ているんじゃないかとすら思いました。風邪ひいちゃうよ、つって。
しかし、単行本の裏に載っていた作者近影を目の当たりにした瞬間、僕は一瞬にして物心がつきました。夢は儚いものだっちゃ。その日以来、お小遣いは中々上がらないし、お手伝い券は実際使われると超イヤだし、色々な現実が見えるようになって苦労したものです。

ですから、このブログの「くだらなさ」は一切忘れて、ワキサカ絵をご覧になって頂けたら嬉しいです。僕も今までのこと一切忘れますね。なんだっけ、いまなんの話だっけ。えへえへへ。
作品comments(2) *author : wacky
海外でウェディング

ゼクシィ海外ウエディング完全ガイド 2010AUTUMN&W

8月23日発売の『ゼクシィ 海外ウエディング完全ガイド 2010 AUTUMN&W』にイラストを描きました。『ゼクシィ』の、海外挙式版ムックです。(ムックは、雑誌と書籍のハーフのようなものです。ミックだとジャガーです。)



ワキサカは、32〜33pの「この本の使い方」を紹介するページに、枠イラストを描かせて頂きました。画像はその一部。リゾートっぽい教会をモチーフにしてみました。

ちなみに今号の特集は『海外ウェディングのいいこと7』。「準備が楽」「意外に安い」「親も喜ぶ」などなど、色々なメリットがあるようですよ。

そういえば、結婚前のカップルが「挙式」の準備の事で喧嘩した、なんて話もよく聞きます。やはり人生に一度きりの事(その時はそう思うよね、ウフ)ですから、双方の価値観がぶつかってしまうのかもしれませんね。

ワキサカは4歳の頃、近所ののぞみちゃんと婚約をした事はありますが、その時は一方的に「おひっこちするの、バイバイ」などと破棄され、挙式の話までは至りませんでした。

でも実際に話が進んでいたら、やはり挙式の細かい事で揉めていたでしょうか。会場をのぞみちゃん家にするか、あるいは砂場にするか。引き出物は、紙ねんどで作った謎のオブジェにするか、拾った貝にするか。意地悪なお友達を呼ぶかどうか。呼ばないとぶたれるんじゃないか。

それと、当時の男の子は、横からコンニチワしそうな短い半ズボンに、白いハイソックスとかを履いていましたので、衣裳の問題でも揉めそうです。一方がディズニーのお姫様みたいなドレスで、一方がコンニチワですと、ファンタジーにも程がありますもんね。

あぁ、そんな細かい事をいちいち決めるのは面倒くさい。そう感じるあなたには、身内だけで出来て、しがらみの少ない海外挙式もいいんじゃないかと思うのです。詳しくはぜひ本誌をご覧になってみてくださいね。

もちろん、本屋さんで探したり、レジに並んだりする時点で面倒くさいでしょうけど、イライラして「海外ウェディングッ!」とか言いながら、店員さんに500円玉を投げつけてはだめですよ。当たりどころが悪いと、より面倒な事になるからです。

---
担当の編集者さんから、取材先のサイパンで撮ったという写真を頂きました。一部では有名らしい、サイパンのマスコットキャラクター「サイパンダ」だそうです。


どうもこんつわ


意外と無視されてるよ

雑誌comments(6) *author : wacky
ゼクシィ9月号
ゼクシィ 首都圏版 2010年 09月号
ゼクシィ 首都圏版 2010年 09月号

7月23日発売の『ゼクシィ』2010年9月号にイラストを描きました。『ゼクシィ』は皆様の結婚をサポートする情報誌。素敵と幸せが一杯詰まった雑誌なのです♪。


雑誌の厚みで、ずっしりとした重みを感じますので、『これが結婚の重み...』と思える効果もあって嬉しいですよね。これが届いた日、たまたま僕は腰に昆布をキツめに巻いていたため、サポーター代わりになったのでしょうか、腰がピキーッとかなるのは避けられましたが、皆様も書店から買って帰る際など、一応お気をつけくださいね。腰がピキーッになりますと、幸せ一杯どころか、立ち上がるのが精一杯になってしまうからです。

ちなみに、ウチにある「カラダスキャン」という体重計で9月号の重さを計ってみたところ、3.3キロでした。体脂肪率は0%だったとか、重みの話はもうやめていいでしょうか。

さて、今回ワキサカがイラストを担当いたしましたのは、別冊付録の『国内リゾート&海外ウェディングBOOK』。海外や国内のリゾートで挙式を挙げたいカップル必見の小冊子です。



まずはこの小冊子の説明ページのイラスト。もちろん本誌では、白い部分に文字が印刷されていますので、『あぶりだし』とかではありません。...などと言われても、もう知らない世代も多いかも知れませんね。紙にレモン汁などで文字や絵を描いて、火であぶるとそれが変色して浮き出るという遊びです。

小学生の時に流行っていて、友達からの年賀状がよく『あぶりだし』になっておりました。あぶりだしてみたら、『ヘタでごめんね』とかいう文字だけ浮き出てくる事も多く、新年から変な感じになって嬉しかったです。



続いて、『国内リゾート地でどんなweddingが出来るのか』をご紹介するページのイラスト。定番の軽井沢から、北海道や沖縄など、それぞれの地域の情報が満載ですよ。日本地図をからめて描きました。



そしてこちらは『海外リゾート地でどんなweddingが出来るのか』をご紹介するページのイラスト。みんな大好きハワイから、グァムやコアラの国まで、リソート挙式の情報をご紹介しています。世界地図をからめて描きました。


近々にご結婚予定のある方はもちろん、まだ未来のお話の方も、ぜひご覧になってくださいね。今から充分にリサーチを重ねておけば、もしそういうお相手が現れた場合、準備万端ですものね。

『ゼクシィという名前は、元々はXYという表記で、女性の染色体XXと男性の染色体XYに由来してるんだって〜♡』的なウンチクで、さりげなくお相手に結婚を意識させるのもいいですね。それでも土壇場で結婚を渋るようでしたら、雑誌の重みで脳しんとうを起こさせて、お相手がムニャムニャしてる間にハンコを..とか、重みの話はもうやめていいですか。

雑誌comments(3) *author : wacky
ウェディングとお金

ゼクシィ海外ウエディング完全ガイド 2010SUMMER&AUTUMN

4月23日発売の『ゼクシィ 海外ウエディング完全ガイド 2010 SUMMER&AUTUMN』(リクルート)にイラストを描きました。

『ゼクシィ』は結婚予定のカップルにはお馴染みの結婚情報誌。その『ゼクシィ』から派生した、海外挙式版ムックがこちらの本なのです。(ムックとは雑誌と書籍の間のようなもの。ガチャピンは緑の着ぐるみです)

それにしても、『ゼクシィ』は電話帳くらいの厚みがあるので、買って帰る途中に重さで腰がピキーッとか大変な事になって、結婚式が遠のくんじゃないかと心配になりますが、その前に気が遠くなるのでたいした問題ではないんでしょうね。



さて、今回ワキサカが担当した特集は72p〜81pの『何にいくらかかった?大調査』です。海外で挙式をした先輩カップル125組の実例から、それぞれのウェディング費用を地域別に調査しているのです。扉の見開きイラストや、枠イラストなどを頑張って描きましたので、ぜひご覧くださいね。

皆様は海外での挙式に憧れた事、一度くらいはあるでしょうか。映画やドラマなどに登場する花嫁の多くは、海外の教会で純白のドレスを着て、イケメンな花婿にお姫様抱っこされていますもんね。もちろんその際に、腰がピキーッとかなる心配をのぞけば、男性にとっても海外挙式はステキな経験です。ピキーッが少し気に入ってます。

しかし、どんなにロマンテックでファンタジーな挙式にも、やっぱり現実的なお金はかかるもの。お金の準備を忘れてしまうと、さっきまであんなに優しかった牧師さんが、式が終わった途端に鬼の形相で『 マニー ! ペイ マニー !』と迫ってきます。なんなら怒りのあまり、ヨダレをお垂らしになるでしょう。そしてどさくさにまぎれて、タンクトップ姿の現地スタッフが『オ、オニギリ ホシインダナ』とか言いだすに決まっているのです。

そんな事にならないように、海外挙式のご予定がある方は、事前にこの特集を読んでおきましょうね。単純な平均予算では159万円くらいという数字が載っていましたが、ボリュームゾーンは200〜300万円台という感じのようです。皆さんお金持ちですね。3000円ほど貸してくれないでしょうか。

----
ちなみに担当の編集者さんが、『電波少年に出ていた事がある』というプチ情報をどのように料理していいか分からず、とりあえず素材のまま置いておきます。
雑誌comments(2) *author : wacky
|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ