wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2/5はUstream
 
おかげさまで2月5日のトークショウは満席になりました。ワキサカは主役でもなんでもなくサポート役なのですが、ありがたい事です。

ん?何のことかしら?という方はちょっとスクロールして、前回の記事をお読みくださいね。ちょっと面倒かとは思います。ですがこの寒い中、ツタヤへDVDを返す為だけに外出する事と比べれば、それほど面倒ではないと思うのです。だとかいうヘリクツを読まされる面倒くささに比べれば、それほど面倒ではな...

さて今回のトークショウ。なんとUstream中継にチャレンジしてみることになりました。
手作りのイベントなのでうまくいくかは未知数ですが、良かったら観て下さいね。

★2/5(日)の19時から配信予定。(もう少し早い時間からかも?)
当日、下記のリンクで見れる予定でございます。

http://www.ustream.tv/channel/pink874


もちろん会場に足を運んで頂くお客さまは神様です。という事で、参加される皆様にはもれなくムフフなグッズが貰えるようですよ♡。ちょっと内容を聞いたんだけどかなり豪華。お家に帰ってあんなことやこんな事に使ってね。ウヘウヘウヒウヒ。つって。

...あ ワキサカ汚れちゃった。



※いざ会場への道

駅の改札を出て左上を見上げると、サミットの建物が見えます。→とりあえずサミットにたどりつき、交差点を挟んではす向かいにある「ローソン」を見つけて下さい→ローソン前の歩道をそのまま歩いて2、3分ほど先です。歩道に黒板みたいなものが出てると思います。
おしらせcomments(0) *author : wacky
2月5日はトークの日 ※満席になりました
昨年末のこと。ロマンスライターのピンク先生と漫画家の花津ハナヨさんからお電話を頂きました。

二人でトークショーをやるんだけど、司会をしてくれない?』。

...話が見えないでしょうから、順を追って書きますね。『ピンク先生』はananを始め様々な媒体でオトナな記事の執筆をしている方。女性を性の悩みから解放する活動もされているというお人なのですが、このたびめでたく『夜のマナーブック』という著書が発売されたのです。

そして『花津ハナヨ』さんは人気の漫画家さん(かつて浜田ブリトニーさんもハナヨ先生のアシスタントだったらしい)。観月ありささん主演で2006年にドラマ化された『CAとお呼びっ!』の原作者でもあります。こちらは集英社の雑誌『コーラス』で連載していた『情熱のアレ』という漫画の第4巻が出たばかり。

という訳で、普段から仲の良いお二人は『出版記念トークショー』を行うことになりました。...で、なぜか冒頭のワキサカへの電話に繋がるのです。

司会と聞いて、ん?年末でお酒が入ってるのかな?と思いました。なぜならワキサカはイラストレーターで、みのもんたじゃないからです。何かの間違いかもしれないので「来年になっても、気持ちが変わらなければもう一度電話して」と伝えました。なんだか今考えると、いい女が口説かれた時のセリフみたいな感じですが、でもよくあるじゃないですか。一日置くと冷静になること。

例えばほれ、夜中のテンションで『キミと出会えて ボクは神様を信じる事にしたんだ』だとか超キモキモメール送っちゃって、朝に読み返して卒倒するパターン。そういう時は、ちょっぴり変な匂いのする牡蠣を生でぐいぐい食べちゃうしかないよね?ぐいぐい。どうせ卒倒して泡ふくんだから一緒だよね。

だとか言っているうちに年が明け、再び僕の電話がなったのです。

でさ、司会の件の打ち合わせはいつする?

決まってるー!つって。こうなったらもうやってみるしかありませぬ。僕は緊張するタイプなのですが、お二人の面白いお話をフムフム聞くくらいならなんとかな るでしょう。でもはっきり「フムフム」と発音すると馬鹿にしてるみたいになるので、そこは気をつけるつもりです。人前でぶたれるのは嫌だからです。

前置きが長くなりましたがイベントの詳細は以下になります。当初は1日1回40人限定だったのですが、すぐにお席が埋まってしまったとの事で、急遽1日2回の開催になりました。現在募集しているのは2/5(日)18時30分からの回。こちらはまだお席があるようなので、興味がございましたらお早めにお申し込み下さいませ。1/29追記 満席になりました)

ちなみにヤフーニュースにも詳細が出ております。

----------------------------------------------------------------
情熱のアレ』&
夜のマナーブック〜誰も教えてくれなかったベッドのお作法〜
出版記念トークショー
 〜明日役立つ下ネタを情熱的に語ります〜

10 年以上も『アレ』にまつわる話を書いてきた花津ハナヨ先生&ピンク先生が、アダルト業界のことやベッドタイムの味わい方をえらそうに語ります。というか、 来場者参加型のトークイベントになるでしょう。してください♡これまでに取材したコン○ームやロ○ション工場などなど秘蔵写真も公開!?

司会は、超シャレオツイラストレーター・ワキサカコウジさん。
男性の目から見た、女性が描くセックス作品への感想も楽しいかと。
限定80名様のご招待です。お申し込みはお早めに。

トーク:花津ハナヨ/ピンク先生
司会:ワキサカコウジ
アシスタント:美少女みーな

----------------------------------------------------------------
日時
2月5日(日曜) 
1回目 16時〜(15時45分開場)※満員
2回目 18時30分〜 ※お席があります ←※満席になりました

入場料
無料(カフェ&バーなのでドリンクの注文ができます。飲食代は各自お支払いください…/アルコールの差し入れ歓迎!)

参加条件:
◯『情熱のアレ』
または『夜のマナーブック』をお持ちの方(当日受付で購入可能です)
女性/および女性同伴の男性

※すてきなエロいお土産付き

場所
西小山(目黒駅より3駅先です/予約メールに詳しい場所を返信します)

予約方法:下記メールアドレスに予約メールをお送り下さい。
タイトル「2月5日予約」
※お名前、人数を明記下さい(人数に制限がありますので必ず来られる方のみでお願い致します)応援メッセージも歓迎! 
pink@lt.fem.jp


----------------------------------------------------------------
以上、お知らせでした。あとメインのお二人について少し。

ピンク先生は「先生」までがペンネーム。このネーミングは尊敬に値すると思います。だって、初対面で「初めましてピンク先生です」と言う覚悟をしたという事ですもんね。僕など、シャレオツを目指しているのに「シャレオツ先生」と名乗る勇気はございません。近所をご飯つぶのついたスウェット姿で歩いてる時に、そんな名前で声をかけられたら死んでしまいそうだからです。人類初の恥死となります。


ハナヨ先生の漫画で、お薦めなのがこの『モテずに死ねるか!』。 ご自分のモテない(?)体験を描いた漫画なのです。女性の自虐的なネタで、男女共に笑える事はとっても難しいのに、この方はそれをいとも簡単(そうにみえ る)に成し遂げていて、とても面白いのです。自虐のさじ加減のうまさ、これはもう「センス」としかいいようがないのだけれど。
おしらせcomments(0) *author : wacky
ポストイット ワキサカ
 皆様は『Post-it』という商品をご存知でしょうか。貼って剥がせる『付箋』の代名詞ともいえる商品ですよね。今回そんな『Post-it』の商品に、ワキサカのイラストバージョンが登場いたしました。『Personal collection』というシリーズの2種類です。

ワキサカコウジ
こちらはミラーをイメージした形。女子がメイク中。ずいぶん気合いが入っているようですが、婚活パーティにでも行くんでしょうか。

ワキサカコウジ
こちらは、女子の大きなアフロの中にメモを描けばいいと思うよ。略して女子アフロ田中とかではないよ。

どちらもスペース的には、あまりメモの量は書けないかもしれません。ですが以前「大事な事は5文字もあれば伝わる」と知人が言っておりました。その言葉自体が5文字以上でしたが、それは些細な問題でございます。

例えば『ありがとう』。例えば『大好きです』。ほら、どちらもステキな思いが5文字で充分伝わるでしょう? もちろんこの他にも『離婚したい』『キモじじい』『お口くさい』『チョベリグ』『チョベリバ』『片平なぎさ』などなど、ステキな言葉はたくさんございます。機会があればぜひお使い下さいね。



LOFT渋谷店での様子

取扱い店舗は『LOFT』(渋谷店/二子玉川店/吉祥寺店/有楽町店/池袋店/新三郷店/岡山店/岐阜店/梅田店/水戸店)
2012年からは『東急ハンズ』全国主要店舗でも展開予定です。

税込み336円。さぁ今すぐ、強く強く小銭を握りしめてお店に向かいましょうね。商品の場所が分かりにくければ、手のひらに移った金属臭を店員さんに嗅がせながら、目をひんむいて「ポストのイット、ポストのイットくだされ」と言えば、売り場か事務所に連れていかれると思います。ここは賭けです。

もちろん付箋コーナーには、他にも超可愛いのとか売ってるけれど、ワキサカの以外にはワキ目も触れず、お買い上げくださいませ。ちょっとうまい事を言ったような気分で新年を迎えてもいいでしょうか。

限定生産品ですので、各店舗で売り切れの際はご容赦下さいませ。どうしても容赦できないようでしたら、ほんのちょっとだけぶっても結構です。指定の場所にお伺い致しますので、注意事項をよく確認し、ほんのちょっとだけおぶちください。


-----
...という訳で、2011年最後の日の更新となりました。大晦日は大そうじ、年越しそばやおせちの準備など、皆様きっと忙しいですよね。ワキサカは風邪気味であまり動けないので、そういえば12月31日ってビートきよしさんの誕生日だと思いだしたり、忘れたりして過ごしたいです。

今年の日本は大変つらい出来事がありましたので、一生忘れる事のない年になりました。ですが、ワキサカ個人としては文章のお仕事が始まるなど、幅の広がった一年でもありました。そして、ワキサカのイラストに興味を持って頂く為に、近所の小学生をだまして一本20円で記事を書かせているこのブログも、来年は5年目を迎えます。『新鮮さ』というものはだんだん失われてしまうものですが、今日初めて読む人がいるかもしれないという気持ちで、これからもまじめにふざけたいです。

今年も『wackylog』をご覧頂いてありがとうございました。

★知人、友人の皆様。ワキサカは数年前から年賀状を送っていないのですが、ハガキ全体があぶり出しだと考えて頂く事は可能でしょうか。

おしらせcomments(6) *author : wacky
くみっきー のカラコン
 

モデルのくみっきーさんプロデュースのカラコン『Puream』。商品のイメージキャラクターを描かせて頂きました。

昭和生まれのチミ達はよく聞いてね。『くみっきー』こと舟山久美子さんは、1991年生まれの20歳。雑誌『Popteen』の表紙を17ヶ月連続で飾ったりもする、人気のモデルさんでございます。モデルになったきっかけは「友達に誘われて編集部に遊びに行ったら、次号から撮影に呼ばれた」とのこと。編集部に遊びに行くには電車賃がかかりますし、左右の足を交互に出して歩かねばなりません。とっても苦労されたんですね。

くみっきーさんは、メガネ、コスメ、ソックスなど様々な商品のプロデュースもしていますが、今回そのラインナップに加わったのが、度なしカラーコンタクトレンズの『Puream』なのです。ワキサカの描いたキャラクターは商品パッケージやWEBに登場しますよ。

商品の詳細などは、くみっきーさんのブログの記事でも紹介されていますので、合わせてご覧下さいね。


くまのPureBear  リスのGirlyChip  ネコのPurrMicia


三人合わせて カラのコンです

このカラコン神盛りだよ♪。くみっきーとおそろいとか ちょーアガる..。o○☆*:..。o○☆*  

VOCE おじさんがやるとキモいことランキング第3位『若者言葉を真似る』をしてみました。ちなみに第2位は『エセ関西弁』第1位は『後ろから肩を揉んでくる』です。だとか、うそだから本当にどうでもよくて、カラコンは確実にかわいくなれるアイテムだという事を言いたかったのです。

そもそも人間は相手の瞳孔が開いている(つまり黒目が大きく見える)と無意識に好意を持ってしまう生き物。よく選挙ポスターなどでも瞳孔を開いた写真を使用しているのもそういう理由ですし、赤ちゃんの黒目が大きいのも愛されるための戦略でございます。

ですから、おモテになりたい女子はカラコンを試してみたらいかがでしょう。黒目が小さいからって「ハエとるのうまそう」などと言われるのはもう嫌ですよね。実際とるのはうまいけど、トカゲとかではないからです。

さぁ早速カラコンをつけてみんなに愛されちゃいましょうね。昼間は全く無口なあなたが、夜になるといつものように近所のダンボールに火をつけて廻っているのが見つかっても、黒目さえ大きければ大丈夫。きっと許されます。万が一通報されそうになった場合は、黒目の大きさが足りないだけなので、たまたま持参していた韓国のりを丸く切り、素早く貼ってしまえばいいのです。塩気はあるよ。

おしらせcomments(7) *author : wacky
裏の裏
 
韓国芸能界裏物語(文春文庫
高月靖 著

文春文庫から発売された『韓国芸能界裏物語』のカバーイラストを描きました。今をときめく韓流スターやK-POP業界の内幕に迫る本でございます。

とっても興味深い内容なので、本来なら自分の言葉でご紹介したいのですが、今のご時世、韓流について余計な事をつぶやくと、大人達にぶたれると聞いております。よく分からないけれど、巡り巡って宮崎あおいさんも困るでしょうから、ここは、Amazonの紹介文を載せておくだけにしておきますね。

KARA、少女時代などのK‐POPから、イビョンホンらベテラン韓流スターまでの裏事情を徹底レポート。華々しい舞台の裏側で連日伝えられる、分裂騒動 や奴隷契約、セックス接待、整形疑惑、スターの自殺などのスキャンダルを、現地通ライターが解き明かす。

ど..奴隷契約にセセセ...セックス接待ってチミ。
ずいぶん直球な表現をされるんですね。

そもそも拙ブログでは、『セックス』だとか『奴隷』などという言葉はあまり使っておりません。ワキサカはお絵描き教室でお子様に絵を教える機会もございます。ですから、万が一お子様がこれを読んでしまい、「ワッキーせんせ、せっくす ってなぁに?」などと聞かれたら困るのです。性教育って難しいですもんね。

例えば、セックスとは「オバケのことだぞ〜っ」などと追いかければ、お子様達は「キェ〜ッ」とか奇声をあげて逃げ惑いますので、うまくお茶を濁す事も出来るでしょう。ですがこれは後々、彼らが『怖いもの』を問われた際に「せっくす」とか答えちゃう可能性もある諸刃の剣でございます。好きなものがたぶん「イチゴ」とかですから、ギャップがありすぎてアゴはずれるよ。

あるいは、セックスとは「パパとママがする夜のお仕事だよ」などと説明したとしましょう。するとお子様はよかれと思って『ぱぱ まま よるの おちごと がんばてね♡』だとか、たどたどしい字でお手紙を書いて、ご両親に渡しちゃったりするのです。
ヘタをすれば「おしごと なんようびに するの?」とかも聞いてきますから、ママも思わず「パパったら全然お仕事しないよ!」とか言いだして、変な感じになってしまうに決まっているのです。ほんとに難しいですね。とりあえずお子様に50円あげて、ワッキー先生から教わったと言わない約束をしたいです。

全く関係ありませんが、性教育といえば、僕が中学生の頃に「スウェーデンは性教育が進んでいて、フリーセックス」という噂を聞き、もう辛抱たまらんつって百科事典で調べてみたら、そんな事は全然書いておらず、『長くつ下のピッピ』がスウェーデンの童話だという知識だけが増えたこと、この機会にお知らせしておきますね。

閑話休題。

余談が過ぎましたが、とにかく本の内容に関しては、単なるゴシップの羅列の類いではなく、事実を踏まえて検証し、丁寧に構成されている印象です。あまり知られていない韓国芸能界事情や独特のルールなども分かります。
3度のご飯より韓流が好きだけど、結局ご飯も3度食べちゃう方や、K-POP好きの頂点、K-TOPを目指すあなたは必読ですよね。もちろん、韓流があまりお好きでない方にも、逆に逆でお薦めですので、ぜひお手にとってみてくださいね。



韓国の空港でゴリ押しされていた
ヨン様になつく2006年のワキサカ

おしらせcomments(2) *author : wacky
カリスマ
宝島社から発売された文庫の表紙イラストを描かせて頂きました。

消えたカリスマ美容師』は、ヘアサロン業界を舞台に、トップスタイリスト失踪の真相を追うサスペンス小説です。「つうか、カリスマ美容師って言葉がすでに消えてるけどね」だとか、そういう事を言うのはいけないと思います。うまい感じが、一番傷つくからです。

それにしても2000年前後のカリスマ美容師ブームはすごかったですよね。テレビで美容師さんがレギュラー番組を持っていましたし、キムタクが美容師に扮するドラマもありました。
表参道の有名サロンの前には、カリスマ美容師を「見学」しにきている女子がたくさん。ウィンドウに鼻かなんかを押し付けて、ブヒブヒ言っていたのです。

ちなみに僕は中学生の頃まで床屋さんで髪を切っておりました。その床屋さんの待合室には、ちょっぴりHな漫画のラインナップが充実しており、よく分かりませんが、ワキサカ少年は足繁く通った記憶がございます。早く髪が伸びたいと思ったほどです。結果、動機が不潔なのに、なぜか清潔感のある少年になれました。漫画喫茶やネットなどがない時代、少年の心をうまく掴んだ、あの床屋のオッサン店長こそが真のカリスマではないでしょうか。ないでしょうね。

そんな事はともかく、小説の話を。著者の高山聖史さんは『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞を受賞した作家であり、現役のヘアスタイリストでもあるそうです。ですからサスペンス部分に惹き込まれる事はもちろん、サロン経営の裏側の話やヘアーカットの練習風景などがリアルです。一読の価値ありですよ。
主人公が美容師アシスタントの設定ですので、美容師修行の疑似体験にもなりました。つまり、この小説を読んだおかげで、いま僕は髪の毛をカットできる状態なのです。ゆるフワオカッパくらいなら完璧に出来る自信がございます。ありがとうございます。

そうそう。今回のイラストは、僕の普段のテイストよりキラキラしているような気がしませんか?僕のイラストはどちらかと言えば落ち着いた色彩ですので、デザイナーさんが派手にしております。元の絵はこんな感じです。



本屋さんで見かけたらぜひお手にとってみてくださいね。

おしらせcomments(2) *author : wacky
よさこい(夜にいらっしゃい )
9月になっても、真夏のような陽気が続いておりましたが、今日の大雨をきっかけに、少しは暑さも和らいでいくでしょうか。などという世間話から本題に入れるようになったのが、今年の夏の変化です。

さて。先月末、原宿・表参道で行われていた「スーパーよさこい祭り2010」に足を運びました。ワキサカもお仕事で関わらせて頂きましたので(詳しくはこちらの日記に)、「よさこい」とはどんなものかと観に行ったのです。

...そこにひと夏の出会いがあるとも知らずに。

その方とすれ違った時、胸が高鳴りました。普段は女性に声をかける事なんてありませんが、このチャンスを逃したらもう二度と会えないかもしれない。一期一会という言葉が頭に浮かび、せめて写真でも撮らせてもらえないかと、勇気をもって声をかけてみたのです。
あ、あの、すいません、写真を撮らせてもらってもいいですか?



いいニャーッ つって

なんとかわいいお嬢様達でしょうか。緊張から、少し猫なで声になってしまったのが幸いしたのでしょうか、快く撮らせて頂きました。まさかの猫たんポーズがカワユス!ナイスメイクに素敵衣裳。これがもし、自分の母だとしたら評価は真逆になっている自信がありますが、人生は楽しむのが素敵だと思うのです。


後で写真を良く見てみると、後ろにもいたよ!シブイ。

------

ちなみに、今回ワキサカが関わったお仕事は、よさこいパレードで走るトラックのグラフィックだったのですが、タイミングが合わず、写真を撮れませんでした。仕方がないので、トラックと同じ図柄で作った配布用シールの写真だけ貼っておきますね。


なんかしらないけど わーい♪

会場では、様々なチームがダンスを競い合いながらパレードをしておりました。ロックやテクノ系の大胆なアレンジのダンスをする若者が多い印象。皆さん楽しそうで、参加してみたくなりますね。
僕は中学生の頃、目を見開きながらカニのような動きをしている、創作ダンス部の女子を見て以来、ダンスと距離をとってしまいましたが、その事が悔やまれます。
おしらせcomments(7) *author : wacky
スーパーよさこい


土佐(高知県)の有名な「よさこい祭り」。その熱気をそのまま原宿・表参道で体感できるイベント「原宿表参道元気祭/スーパーよさこい2010」が本日と明日(8月28・29日)開催されています。

そして今回、お祭りの冠スポンサーである『フォルクスワーゲン』のアド・トラックのイラストをワキサカが担当させて頂きました。ご希望がありましたので、僕の普段の色使いより派手な感じで『BEETLE』という車を描いてみました。


ブブー、つって

よく街中で広告用のトラックを見かけますよね。あんな感じで、お祭りのパレードと一緒に、表参道やNHK近辺を回遊していると思います。お知らせが当日になってしまいましたが、明日もありますので、お祭りに行かれる方がいらっしゃれば、ぜひ探してみて下さいね。

ちなみに、『よさこい』という言葉の元々の意味は『夜にいらっしゃい』。...綺麗なおねぃさんから中高生男子が言われたい言葉ランキング、第一位! やっぱりDHCだね。(ドキドキして)(本気で)(ちびった)。

とか、そんな頭の悪そうな事はどうでもよくて、僕が本当に伝えたかったのは、広末涼子さんが「よさこい祭り」で躍っている映像を、ワイドショーとかでたまに見かけるけど、あれなぁに?。という気持ちなのです。

記事のアップが遅れて焦るあまり、最終的に何を言ってるんだか、自分でも分かりませんが、お薬を飲むので大丈夫です。

原宿表参道元気祭/スーパーよさこい2010
8月28(土)・29日(日)
http://www.yosakoi-harajuku.com/

-------
さて。先日こちらの日記でご紹介した、『an・an』での成宮寛貴さんとの対談。その記事が、『an・an』のサイトで読めるようになりましたよ。

『成宮寛貴の美容力向上委員長』web版 No.94

あと、成宮さんファンの方で、拙ブログを読んで頂いた方も少なからずいらっしゃるようなのですが、もう何も情報とかないんです。僕がもっと頑張ってメアドとか聞いておけば良かったんですよね。緊張して声が超音波になっちゃたんで聞けなかったんだよ、ごめんね。超音波に反応したコウモリとはだいぶ仲良くなったから、プラマイゼロとお考え下さいね。
おしらせcomments(4) *author : wacky
ステキ年鑑2010
イラストレーションファイル2010 下巻 (玄光社MOOK)
イラストレーションファイル2010 下巻 (玄光社MOOK)

イラストレーションファイル2010』が発売されました。

毎年発売されている定番のイラストレーター年鑑です。第一線で活躍中の方の作品が多数掲載されており、眺めているだけでも楽しい作品集です。

きっと広告代理店やデザイン事務所では、お鼻か何かをほじくりになりながら、この年鑑をめくり、「どの人に依頼しようかな」などと決めるんだと思います。ほじくりになったその指で、ペタッっとページを押さえれば一石二鳥ですもんね。そして僕たちのもとへお電話をしていただき、お仕事が始まるのです。



上・下巻がありますが、ワキサカコウジの作品は下巻に掲載されております。今回は少しピンクっぽい感じの作品が多かったですね。勝負下着の事でも考えていたのでしょうか。

ちなみに、この年鑑に掲載されるには『仕事で実際に使用された作品』という条件があり、オリジナル作品は一点しか載せられません。例えば僕の場合、ページ右上の絵が展覧会用に描いたので、それにあたります。

----
ワキサカは、ネットでメールアドレスを公開しているため、迷惑メールが1日100〜200通以上届きます。手間のかかる子供はかわいい、などと世間で言われておりますが、迷惑のかかかるメールはちっともかわいくないです。
...そんな状況ですので、個人情報については警戒心が強く、せめて日常生活では、住所や電話番号を書くような場面を極力避けて生活してきました。
例えば飲食店等で、入店待ちの際に店員さんに伝える名前すら、『サイトウ』とかに思わず変えちゃいます。でも大抵それを忘れてしまい、『サイトウさま、どうぞ』と言われて『え?ワキサカですけど』とか結局ややこしくなりますが、気分的な問題です。

ですから、僕の「詳細な連絡先と略歴、まさかの顔写真」までもが、amazonや書店で簡単に手に入る事は、ここだけの話にしておきたいです。それは、田舎から出てきたばかりのおばあさんが、片手にクレジットカードをむき出しで持って、渋谷でキョロキョロしているような危うさだからです。
おしらせcomments(4) *author : wacky
ツアーパンフー


歌手・倖田來未さんの全国ツアーKODA KUMI LIVE TOUR 2010〜UNIVERSE〜】。そのツアーパンフレットにイラストを描かせていただきました。

4月10日の大阪城ホールからスタートしたツアーでは、倖田來未さんが『AIR KODA』という架空の航空会社のキャビンアテンダントに扮したビジュアルを展開。ツアーパンフレットもそのうちのひとつで、なんとページ一枚一枚が『AIR KODA』のポストカードになっている豪華仕様です。その中にワキサカが『AIR KODA』をイメージして描いたイラストのポストカードも入っているのです。





ちなみに倖田來未さんはファンの方から『くぅちゃん』と呼ばれているそうです。それに照らし合わせますと、僕ならコウジなので『こぅちゃん』と呼ばれている感じでしょうね。しかし、倖田さんも名字から考えれば『こぅちゃん』になりますから、ここは僕のほうが遠慮して『ワキちゃん』にしておくべきなでしょうか。でも『ワキちゃん』になりますと、シャレオツな場所から10000キロくらい遠く離れてしまいますので、帰りはせめて『AIR KODA』に乗りたいです。

という展開を一生懸命考えたのですが、朝起きて読み返したら正直2点くらいだと思いました。


冗談はさておき、今回はデザイナーさんやクリエーターさん達が丁寧なお仕事をされているプロジェクトに関われて楽しかったです。6月まで続くツアーですので、拙ブログをご覧の方で倖田さんのファンの方がいらっしゃれば、ホームページやライヴ会場でぜひ手に入れてくださいね。

購入した際はせっかくですので、『これワキちゃんの絵〜っ』と、この世のものとは思えない形相で叫んで頂けると嬉しいです。きっと係のお人が、腫れ物に触るように、静かなお部屋に連れて行ってくれますし、VIPみたいですよね。
おしらせcomments(5) *author : wacky
|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ