wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
アーティストデビューします うそです
※2016年4月2日追記
以下エイプリルフールのウソでした。ご容赦を!

---

2016エイプリルフール

街が桜色に染まる頃。人それぞれに出会いや旅立ちがある時期ですが
今年の春は、私にとっても新たなる挑戦の時として、きっと思い出深いものとなることでしょう。

なぜなら私こと、ワキサカコウジはこの春より日本を離れ、EBMアーティスト「WACKY-T」としてアジアでデビューすることとなったからです。

レーベルとの契約の関係で、関係各位の皆様には急なご報告となってしまったこと、何卒ご容赦下さいませ。そして厚かましいお願いではございますが、イラストレーターからアーティストとなるワキサカへ、変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、私のてがけるEBM(エレクトリックショック・バード・ミュージック)とは、新しい音楽ジャンルですので、お耳馴染みがあまりないと思います。世界的に流行しているEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)と語感こそ似ておりますが、クラブカルチャーから派生した音楽ではありません。成り立ちは全く別のものですから、少し説明が必要ですよね。

あれは3年程前だったでしょうか、毎日公園で時間をつぶしている時期がありまして、ハトに餌を与えるおじさんと意気投合いたしました。そして「君にも餌を与えたい」とのことで家に招待をしていただく機会があり、その際に彼が聞かせてくれたのが、EBMの第一人者、ポンズ・トリカワ氏の曲だったのです。


ポンズ氏

それは今まで聞いたことのない音楽......あるいは鶏の朝鳴きとも言えるようなもので、思わず鳥肌がたったのです。そこには私を強烈に惹き付ける何かがありました。いてもたってもいられず、EBM発祥の地バンコクで活動されているという氏の元に駆けつけることにしました。庭で水浴び中の突然の訪問に、ポンズ氏は豆鉄砲をくらったような顔をされておりましたが、それでも優しくEBMのことを教えて頂くことに。さらにはお土産に持っていった銘菓「ひよこ」を大変気に入って頂き、毎月送る約束をしたところ、アジアでのアルバムプロデュースも引き受けて頂くこととなったのです。

エイプリルフール
4月2日発売のアルバム『WACKY-T』

EBMの決まり事はひとつだけ。それはエレクトリックショック・バード、つまり感電した鳥の気持ちを表現する音楽ということです。

通常、鳥は電線に乗っても感電する事はありません。カラスやスズメがよく電線に止まっている事からも分かります。しかしそれは一本の電線の場合なのです。万が一、同時に二本の電線に片足ずつ乗っけてしまった場合は瞬時に高圧の電圧が流れてしまい、鳥も感電してしまうのです。その時の「え?」という気持ち、流れる電気の無慈悲さ、せめて義務教育(理科)を受けていれば......という空しさ。こういった感情を音に変えていくのです。

もちろん楽器編成やbpmなどは鳥のように自由ですが、ほとんどのEBMアーティストは、羽毛ふとんを叩く音をサンプリングし、トラックを作っております。そして心から感電してしまった鳥の気持ちを思い、奇声を発するのです。

キェ?キェキェキェーーーッ キェーーッ デンキェーーーッ

音楽を文章で表現するのはとても難しいですね。一刻も早く音源を聞いて欲しいところですが、本日深夜にまた改めてこの欄に音源や詳細なアルバムの情報など、追記致しますので、よろしければご覧下さい。

エイプリルフール
バンコクでは一足早めにLP版が発売されております

それでは今後ともよろしくお願い致します。



---4月2日追記---

というワケで、おじさんが今年もエイプリルフールをやってみました。

最近のエイプリルフールは、企業がユーモアセンスを競う日となりつつあり、個人同士がウソをつきあう場面などみかける事はほとんどありません。さすがに昭和の感覚だと思いますし、僕も誰かに早く「やめろバカ」と言ってほしいです。出来れば女子がいいです。

さて今年のウソは、エレクトリックショックがどうのこうのと、よく意味が分からなかったかと思いますが、ご安心下さいね。自分でも全く分かりません。分からな過ぎて、途中でニ度泣いております。

実は、ポンズ・トリカワ氏って言いたかっただけなのでした。

事の経緯はこうです。

先日居酒屋さんで「鳥皮ぽんず」を食べました。その際になんとなく、「ぽんず」が後についているということは、「鳥皮」ではなく「ぽんず」がメインみたいだな、と思ったのです。通常の料理名は調味料が先につく事が多いですよね(例えば、しょうゆラーメン、味噌田楽、塩さばなど)。

そうなると、この「鳥皮ぽんず」はなぜ「ぽんず鳥皮」ではないのだろうかと疑問に思いました。熟考の末、導き出された答え、それは「ぽんず鳥皮」ですと、謎の日系二世、ポンズ・トリカワ氏みたいになってしまうから......というものでした。
なんならポンズ・トリカワ氏は実在の人物であり、ショーンマクアードル川上さんとお友達なのではないかとすら思えてきたのです。そして実在するならば、トリカワという名前なのに太っているほうがいいな、と思いました。

以上が、あなたが今年読んだ一番無駄な文章となります。うれしいよね。

雑記comments(14) *author : wacky
TはたなかのTですか?それともTバックかな。
| たなみつ | 2016/04/01 4:54 PM |

>>たなみつ さま

と、TORIです(・_・;)
| wacky | 2016/04/01 7:09 PM |

>>たなみつ さま

と、TORIです(・_・;)
| wacky | 2016/04/01 7:09 PM |

鳩が豆鉄砲食らったような顔して鳥人間コンテストめざしてたころがなつかしいですね
| めがねずき | 2016/04/01 7:30 PM |

1年待ってました。
期待通りの無駄さ。
嬉しいです!
| こけ | 2016/04/02 11:50 AM |

>>めがねずきさま

そうですね、今はむしろ人間鳥を目指していますからね(^_-)

>>こけさま
人生の大事な時間を無駄にさせるのが好きです


| wacky | 2016/04/02 4:47 PM |

毎年、4月1日と2日の両日を楽しませてくれる
ワッキー先生が大好きです!
ワタシの周りにホラッチョ川上の
友達のホケッキョ鳥皮的な人が
いないかどうか、今日から探してみます!
| yukie0503 | 2016/04/03 12:40 AM |

鶏皮ポンズを元にここまで妄...いえ、創作されるのに感動しました。

ジャケットデザイン、キャップのロゴ (何の略語?) ともに色使いや細かい所まで作り込まれているのにも脱帽です。

ポンズが先頭に来ると、女性(一応)はつい「コールドクリーム」を後に続けてしまいます。
| Spica | 2016/04/04 1:25 AM |

やっぱ文章面白いよな。
たまに書はいたほうがいいな。
| MIMY | 2016/04/04 2:39 AM |


>>yukie0503
こちらこそ毎年お付き合い頂いて嬉しいですm(__)m
最近ホラッチョさんと、乙武さんに釘付けなワキサカです(^_-)

>>Spicaさま
ありがとうございます
実はあのキャップはタイの通貨単位、バーツって書いてあります笑。日本なら円と漢字で書いてある感じです

>>MIMYさま
もっと書け、とよく言われます笑
| wacky | 2016/04/04 9:05 PM |

ワッキー先生、いつも楽しみにしています。
昨日、ベンチャシリ公園にいましたか?
お声をかける勇気がありませんでした。
| yoshixx | 2016/04/05 6:10 AM |

>>yoshiXXさま

コメントありがとうございます。
いえ、東京にいますよ!
声をかけなくて良かったですね〜笑。きっと似てる人だったのでしょうね。
| wacky | 2016/04/05 5:30 PM |

世の中がエイプリルフールだと賑やかだったのに、
私の周りでは騙すことも騙されることもなかったために
穏やかな4月1日を過ごしてしまって今に至ります。
昨晩ふとワキサカさんを思い出しました。
一応1年間待ってたくせに忘れていた自分が恥ずかしいです。

「君にも餌を与えたい」が異様におもしろかったです。
今年も楽しませてくれてありがとうございました。
| torin | 2016/04/06 9:25 AM |

>>torinさま

更新が滅多にないブログなんて、普通は4月1日どころか、存在すら忘れちゃうもの。逆に毎年こうやってコメントまでいただけるなんてありがたいですよ〜!

今年は僕の回りにもウソをついてくる人はいませんでしたw。
| wacky | 2016/04/07 5:01 PM |










|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ