wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
シャレオツアー23回目
 『an・an』2/6号。コラム『ワキサカコウジのシャレオツアー』第23回目が掲載されております。

....とはいえ、お知らせが遅れてしまって、すでにこの号は店頭にはございませんが(amazon等で購入可能)、一部の方にとっては大変価値のある一冊かと思われます。なぜならAKB48柏木由紀さんのセクシーショットが掲載されているからです。かなり大胆な写真もございますので、ファンの方には辛抱たまらんのではないでしょうか。なんならもう、100冊くらい買って床に敷き詰め、念仏でも唱えながらゴロゴロしてみて下さいね。そして気が済んだら働こうね。

ちなみに全体の特集は『女の色気』だったのですが、「カワイイ」から卒業して「大人の色気」を身につける方法がたくさん載っておりました。例えばメンタリストのDaiGoさんが考案したという「セクシーメンタリズム」。これは女性の色気によって、男性の視線や下心を心理的にコントロールしちゃう方法だそうです。その一例をあげてみますと...

●7秒間直視する
●唇を艶やかにして際立たせる
●相手のパーソナルスペースに不意に踏み込む
●自分のほうが暗い場所に座る
●紫色を身にまとう
●急所の近くをボディタッチ

...などだそうです。メンタリストのDaiGoさんが言うのですから間違いないとは思いますが、こんなに簡単に男性を惑わす色気が出せるなんて意外ですよね。これでしたら貴女も今夜、簡単に試せるのではないでしょうか。

まずは街で適当に目についたバーに入ります。さりげなく一番暗い席に座ったら、好みの男性客と目が合うのを待ちましょう。どんな男性でも、貴女が白目をむいて小刻みに震えていれば、こちらを見るはずです。その時が勝負。男性から目線を逸らさず、7秒間直視するのです。グロス一本をまるごと塗ってツヤツヤにした唇を、ンパンパしながら。
相手はきっと貴女の魅力にびっくりして固まりますので、その時点でスクっと立ち上がり、不意に急接近。そして男性の急所の近くをボディタッチ。その際、内出血で紫色になった腕のアザでも見せつければ完璧かと思います。あとは警察でゆっくりお話をするだけです。

---

さて、貴重なお時間を無駄にさせた所で、本題です。『ワキサカコウジのシャレオツアー』第23回目のご紹介。

今回は、銀座にある映画館「銀座シネパトス」のお話を書きました。昭和の面影を残す、とってもレトロな名画座なのですが、この3月末で閉館してしまうと聞いたからです。



私事で恐縮ですが、ワキサカは高校生の頃「映画研究部」という闇夜より暗い部活に入っており、その頃はよく利用させて頂いたものです。

しかし最後に訪れたのは16年ほど昔の話。あの時は、ちょっと気になる女子を映画デートに誘ったのですが、当日知らない女友達も連れてきたので、がっくりしたのを覚えております。そのお友達の手首には、なぜかアディダスみたいな線がうっすら入っていたので、あまり会話はしませんでした。

今回の閉館の報を受け、取材がてら久しぶりに訪れてみたのですが、映画館は当時の記憶とほとんど変わらない佇まいでそこにありました。たまたまその日は山田洋次監督の特集で、「男はつらいよ」を上映しており、久しぶりに寅さんをスクリーンで観る事が出来て感激。全然つらくなかったです。



現在はシネコンで映画を観る機会が多いと思いますが、たまには昔ながらの名画座も味があって良いものです。もしお時間あれば、3月末の閉館までにぜひ「銀座シネパトス」でレトロな映画館の雰囲気を味わってみて下さいね。もしお時間がなければ、今まで読んだことを全部忘れて大丈夫です。大事な事も忘れてしまえばいいと思います。

anancomments(0) *author : wacky









|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ