wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
週刊文春 挿絵まとめ5月分 6月分
 『週刊文春』にて、中村うさぎさんの連載「さすらいの女王」の挿絵を担当しております。ずっとブログでご紹介できていなかったので、2011年5月分と6月分の挿絵をまとめてみました。

今回は、イラストをたくさん載せてしまいますがご容赦下さい......とゆうか、イラストレーターのブログでイラストをたくさんご紹介するのは、よく考えれば当然。「ちっ イラストとかいいからバカな事書けよ ほれほれ」だとか、言わないでくださいね。
この8月はお盆進行の影響で疲れきっており、メンタル面が弱まっているのです。ちょっとタマネギを切ったくらいで涙が出るよ。それなのに昨日なんて、仕事の締め切りが4つも重なってしまい、あっちに「待って」こっちに「待って」と平謝り。複数の愛人に結婚を迫られている男みたいになったのです。全員に「お前だけだよ」と言ったよね。


------------------------
2011年5月分


詳細は忘れてしまったけれど、リアル社会にも、ネット社会にも居場所がない人がいるという内容だったような気がします。全然違ってたらごめんよ。


こちらは、前田健さん(あややのモノマネをする芸人さん)の初監督作品『それでも花は咲いていく』という映画を観て、うさぎさんが泣いてしまったという内容でした。うさぎさんが泣いたと言うくらいなんだから、ちょっと観てみたいです。


この号では、うさぎさんが、宗教法人の非課税に対して疑問を呈していました。宗教が人を救うために存在するのならば、非課税をやめて震災復興の際の財源にしてはどうかと。
...こういう宗教的な話を、ヘタに絵にしたらぶたれちゃうのかな、と思ったけれど、だれもぶちに来ませんでした。


-----------
2011年6月分



うさぎさんが、『日本人は従順な羊だ』というような事を書いてらっしゃったので、このようなイラストを描いたのでした。羊をたくさん描くと、いつのまにか寝ちゃうことが分かりましたぜ。



この号ではモンスターペアレントの話が出てきたので、このようなイラストで表現してみました。ちょっと気に入っております。『かいじゅうたちのいるところ』にインスパイアされましたので、名付けて『かいじゅう君』。見た目は醜いけれど、心優しきかいじゅう...だと見せかけて、正直最悪のかいじゅうだよね。おばあさんの経営する駄菓子屋さんで万引きとかするよ。


以前の号で、宗教法人の非課税の話を書いたうさぎさん宛に、とある大きな宗教団体の信者さんからお手紙が届いたそうです。おそるおそる開けてみると...。というイラストです。


うさぎさんは、今年でデビュー20周年。
33歳の時にライトノベルを書いてデビュー→それがアニメ化されるほどのヒットになり、印税がどかんと入る→ブランド品を買いまくり、買い物依存症に→ホストにはまり→整形をする→風俗嬢も経験→閉経。という20年だったそうです。どんな20年だよ、つって。すごいですね。


週刊文春comments(2) *author : wacky
いえいえ、イラストいっぱい載せて欲しいっす!私も全員に、あなただけよと言っときます。マエケンさんの映画は私め是非見てみたいです。タイトルがいいですね。それでも、花は咲いていく…それでも鳥は鳴くし、それでも人は幸せを求めるんですね。
| じゅんじゅん | 2011/08/24 8:58 PM |

>>じゅんじゅん さま
ありがとうございます。週刊誌はどんどん絵が増えていきますからご紹介が追いつかなくて。マエケンさんの映画はもうDVDにもなってるようですよ!
| wacky | 2011/08/25 3:19 PM |










|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ