wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
アーティストデビューします うそです
※2016年4月2日追記
以下エイプリルフールのウソでした。ご容赦を!

---

2016エイプリルフール

街が桜色に染まる頃。人それぞれに出会いや旅立ちがある時期ですが
今年の春は、私にとっても新たなる挑戦の時として、きっと思い出深いものとなることでしょう。

なぜなら私こと、ワキサカコウジはこの春より日本を離れ、EBMアーティスト「WACKY-T」としてアジアでデビューすることとなったからです。

レーベルとの契約の関係で、関係各位の皆様には急なご報告となってしまったこと、何卒ご容赦下さいませ。そして厚かましいお願いではございますが、イラストレーターからアーティストとなるワキサカへ、変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、私のてがけるEBM(エレクトリックショック・バード・ミュージック)とは、新しい音楽ジャンルですので、お耳馴染みがあまりないと思います。世界的に流行しているEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)と語感こそ似ておりますが、クラブカルチャーから派生した音楽ではありません。成り立ちは全く別のものですから、少し説明が必要ですよね。

あれは3年程前だったでしょうか、毎日公園で時間をつぶしている時期がありまして、ハトに餌を与えるおじさんと意気投合いたしました。そして「君にも餌を与えたい」とのことで家に招待をしていただく機会があり、その際に彼が聞かせてくれたのが、EBMの第一人者、ポンズ・トリカワ氏の曲だったのです。


ポンズ氏

それは今まで聞いたことのない音楽......あるいは鶏の朝鳴きとも言えるようなもので、思わず鳥肌がたったのです。そこには私を強烈に惹き付ける何かがありました。いてもたってもいられず、EBM発祥の地バンコクで活動されているという氏の元に駆けつけることにしました。庭で水浴び中の突然の訪問に、ポンズ氏は豆鉄砲をくらったような顔をされておりましたが、それでも優しくEBMのことを教えて頂くことに。さらにはお土産に持っていった銘菓「ひよこ」を大変気に入って頂き、毎月送る約束をしたところ、アジアでのアルバムプロデュースも引き受けて頂くこととなったのです。

エイプリルフール
4月2日発売のアルバム『WACKY-T』

EBMの決まり事はひとつだけ。それはエレクトリックショック・バード、つまり感電した鳥の気持ちを表現する音楽ということです。

通常、鳥は電線に乗っても感電する事はありません。カラスやスズメがよく電線に止まっている事からも分かります。しかしそれは一本の電線の場合なのです。万が一、同時に二本の電線に片足ずつ乗っけてしまった場合は瞬時に高圧の電圧が流れてしまい、鳥も感電してしまうのです。その時の「え?」という気持ち、流れる電気の無慈悲さ、せめて義務教育(理科)を受けていれば......という空しさ。こういった感情を音に変えていくのです。

もちろん楽器編成やbpmなどは鳥のように自由ですが、ほとんどのEBMアーティストは、羽毛ふとんを叩く音をサンプリングし、トラックを作っております。そして心から感電してしまった鳥の気持ちを思い、奇声を発するのです。

キェ?キェキェキェーーーッ キェーーッ デンキェーーーッ

音楽を文章で表現するのはとても難しいですね。一刻も早く音源を聞いて欲しいところですが、本日深夜にまた改めてこの欄に音源や詳細なアルバムの情報など、追記致しますので、よろしければご覧下さい。

エイプリルフール
バンコクでは一足早めにLP版が発売されております

それでは今後ともよろしくお願い致します。



---4月2日追記---

というワケで、おじさんが今年もエイプリルフールをやってみました。

最近のエイプリルフールは、企業がユーモアセンスを競う日となりつつあり、個人同士がウソをつきあう場面などみかける事はほとんどありません。さすがに昭和の感覚だと思いますし、僕も誰かに早く「やめろバカ」と言ってほしいです。出来れば女子がいいです。

さて今年のウソは、エレクトリックショックがどうのこうのと、よく意味が分からなかったかと思いますが、ご安心下さいね。自分でも全く分かりません。分からな過ぎて、途中でニ度泣いております。

実は、ポンズ・トリカワ氏って言いたかっただけなのでした。

事の経緯はこうです。

先日居酒屋さんで「鳥皮ぽんず」を食べました。その際になんとなく、「ぽんず」が後についているということは、「鳥皮」ではなく「ぽんず」がメインみたいだな、と思ったのです。通常の料理名は調味料が先につく事が多いですよね(例えば、しょうゆラーメン、味噌田楽、塩さばなど)。

そうなると、この「鳥皮ぽんず」はなぜ「ぽんず鳥皮」ではないのだろうかと疑問に思いました。熟考の末、導き出された答え、それは「ぽんず鳥皮」ですと、謎の日系二世、ポンズ・トリカワ氏みたいになってしまうから......というものでした。
なんならポンズ・トリカワ氏は実在の人物であり、ショーンマクアードル川上さんとお友達なのではないかとすら思えてきたのです。そして実在するならば、トリカワという名前なのに太っているほうがいいな、と思いました。

以上が、あなたが今年読んだ一番無駄な文章となります。うれしいよね。

雑記comments(14) *author : wacky
リングに立ちます ←嘘(エイプリルフール2015)


桜の花びらが舞うこの季節、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます大変ご無沙汰をしておりましたが、皆様にお伝えしたい旨がありまして、ブログを更新させて頂きます。

私ことワキサカコウジはこの春、ボクサーとしてリングに立つ事となりました。
突然のご報告となりましたが、この1年近く悩んだ末に出した決断です。

元々、総合格闘技やボクシングを観戦するのは好きだったのですが、自分が挑戦する事など夢にも思っておりませんでした。中学生時代、イヤな事ばかりを言ってくる同じクラスの中津君に給食のパンを投げつけて以来、暴力的なことはしてこなかったからです。

しかし一昨年の春のことタイイサーン(東北)地方へ旅した際に運命的な出会いがありました。観光中の浮かれ気分でスイカジュースを2杯飲んだせいでしょうか、尿意を感じて、公衆トイレと間違えて入った建物が、たまたまチップボクシングの練習場だったのです。それは現地でもまだ始まったばかりという、新しいスタイルのボクシングでした。

指導者の方から挨拶をされ、まさか「用を足しに来ただけ」とは言えず、2つの意味でモジモジしていると、そのまま入門させられてしまったのです。そんな偶然の出会いから、尿意を隠して約2年。知ればれば知る程チップボクシングの魅力に取り憑かれていきました。そして時間があれば現地に飛び、出来る限り練習に打ち込んでまいりました。

チップボクシングは、見た目はムエタイやキックボクシングと似ていますが、ルールは全くといっていいほど違います。むやみにパンチやキックを出す事は反則で、基本的には、相手とのチップの額の交渉が試合のメインなります。つまり「その金額ならここをぶってもいい、もう少しプラスするなら、ちょっとだけ蹴ってもいい」という提示をリングで行い、交渉が成立しなければ手を出せないのです。欲をかき過ぎるとダメージを負ってダウンしてしまいますし、レフェリーにもチップを渡さないと不利になることもあります。金銭と痛みを天秤にかけて争う頭脳的なスポーツなのです。


チップを50ドル上げろ、と詰め寄られるワキサカ

例えばあなたが痛みに弱い場合、高額なチップを提示し、それを相手が飲めば、一方的に殴るだけの事もありえるのです。私は練習試合で、常にその方法で勝ってきました。その使った金額の無謀さが認められ、この4月に初めて公式戦のリングに立つ事になったのです。

通常のボクシングでは、ヘビー級、ライト級、フライ級など、体重で階級が別れますが、チップボクシングでは金銭感覚がカギですので、上流、中流、下流ニートという4階級で争われます。私の今回のエントリーはニートとなります。

私事をつらつらと書き連ねてまいりましたが、以上のような経緯です。新たなる旅立ちをするワキサカの応援を今後ともよろしくお願い致します。


対戦予定の選手と 

試合は現地で行われますが、日程やネット中継の詳細など、詳しい情報は本日深夜にまた更新させて頂きます。


----- 4/2追記 -----


毎年のことで飽き飽きされたことでしょうね。
念のために申し上げますと、上記の件もちろんエイプリルフールの嘘でございます。

夜中にお酒を飲みながら(手の震えがなぜか止まります)この嘘を思いついた時は、とっても面白いと思ったのですが、改めてシラフで読んでみたら、びっくりしました。自分で言うのもなんですが、

チップボクシングてなんだよ!

なんなら ちょっとすべってるよ つって 

でももう良いのです。過ぎ去った事は気にしても仕方ありません。この反省をふまえて、今日もパンかなんかを食べるのです。そして屁こいて寝るのです。

ちなみに写真はキックボクシングを体験取材した際のものと、ムエタイを観戦した時のものです。最後の写真で左にいるのは本当のプロの方で、今さっきまで戦っていたのに、こころよく撮影に応じてくれました。チップでも渡せば良かったです。


雑記comments(13) *author : wacky
ワキサカコウジからの4月ばか(4/2追記あり)
※以下エイプリルフールのウソでした。種あかしは最後にあります。



平素より拙ブログをご高覧頂きまして誠にありがとうございます。

突然ではございますが、私こと、ワキサカコウジはこの3月いっぱいを持ちまして、イラストレーター業を引退させて頂く事になりました。今まで公私にわたりお世話になりました皆様にお礼と感謝を込めまして、略儀ながらここにご報告させて頂きます。

私自身の今後の予定ですが、実はかねてから胸に抱いておりました「夢」がもうすぐ実現しようとしております。

その夢とは「宇宙」です。

お時間が許せば、もう少し詳しいご説明をさせて下さい。

私は高校生の頃より、シャレオツな映画、デザインやイラストなど興味を持ち、気が付けばこの道を進んでおりました。しかしここ数年、無駄に年齢を重ねるにつれ、そういったシャレオツなものと、マエアツダンミツなどの区別が難しくなってきたのです。このままいけば、おじさんの象徴であるパイオツといった言葉さえも、自分の口から飛び出してしまうのではないか、そんな恐怖さえ抱きはじめました。果たしてこのままこの道を進んで良いのだろうか。



そんな折、偶然入った本屋さんで運命とも言える出会いがあったのです。それは『宇宙兄弟』という漫画です。映画化もされた人気の漫画ですから皆様もご存知かもしれませんね。宇宙...兄弟...。宇宙...



その瞬間、私は小学生の頃の卒業文集に書いた事をなぜか思い出しました。「将来は宇宙飛行士になりたい」と書いたのです。

そうだ...私は、曖昧模糊とした「シャレオツ」などというものを目指す以前に、「宇宙飛行士」という明確な夢を持っていたのだった...揺れていた自分の人生に一条の光を見た思いで、私は漫画の表紙を飽く事なく眺め続けました。漫画の内容は、宇宙で兄弟が何かをするんでしょう。読んでないので分かりませんが、そんな事は些細な問題です。



とにかく今が年齢的にも宇宙飛行士を目指す最後のチャンスなのではないか。そんな思いに駆られて調べてみると、運のいいことに、JAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙飛行士研修生に欠員があり、新規の募集をしていたのです。私は取るものも取りあえず、着るものも着ず、JAXAの門戸を叩きました。必要以上に叩いたので手が痛かったのですが、その熱心さが認められたのでしょう、筑波国際宇宙センターで「宇宙飛行士研修生」として受け入れて頂きました。


合格時の写真

これが2年前の出来事。

それ以来、昼間はJAXAで訓練、夜はイラストレーターのお仕事をこなす、二足のわらじ生活が始まりました。忙しかったので通販生活も始めました。もちろん、厳しい訓練と仕事の両立は非常に苦しく辛く、思わず根をあげそうになりました。しかしそんな時は、知らない外国人から買ったビタミン剤のようなものを飲み、なんとか乗り越える事ができたのです。気持ちが宇宙空間のようにフワフワしてきて、楽になったからです。


緊急対処模擬訓練中のワキサカ


船外活動補助訓練中のワキサカ

そして嬉しい事に、
私は無事研修期間を終えました。この4月よりついに「宇宙飛行士」としての資格が認められたのです。規定により、今後は半年間アメリカに渡り、NASAでの勤務、訓練を経て、宇宙へ旅立ちます。日本へは金髪の女性を連れて戻ってくる予定です。


希望に溢れるワキサカ

以上の経緯があり、状況的に兼業が不可能となりますので、このような決断をさせて頂きました。最後までお読み頂きありがとうございました。私の新たなる挑戦を引き続き見守って頂ければ幸いです。


また、4月1日の夜中の12時頃(つまり2日の0時ごろ)には、さらなる重要なお知らせをさせて頂きます。今後のワキサカコウジの宇宙へのフライト日程や、宇宙プレゼントの応募方法などを追記いたしますので、改めてこちらのブログをご確認くださいませ。

-----4/2追記(ここ重要)------



お待たせ致しました。

まずはワキサカ宇宙飛行士の誕生を記念して、『ワクワク!春の宇宙プレゼント』のお知らせです。特賞はロシアの有人宇宙船ソユーズによる
宇宙旅行&宇宙ディナー(伊勢エビかアワビ お好きな方をお選び下さい)......だとか言ってる場合じゃないよね。

もちろんこれはエイプリルフールのウソです

USOなのです。
毎年の事でもう飽きたでしょうに、みなさんご丁寧にコメントを頂いてありがとうございます。が....実際に個人的に励ましのメールを頂いた方もいらしたので、他にも万が一信用してしまった方がいたらすいません。でも一応ヒントはいれておいたつもりなので許してくださいね。だってあまりにもおかしな点があったでしょ?

●シャレオツ
ダンミツの区別がつかない件(JAXAより病院へ行きなさい)
いい歳こいて「宇宙兄弟」に影響されるのはまだいいとしても、表紙だけで中身を読んでない件
着るものも着ず(つまりフルチン?)でJAXAの門戸を叩いた件
てゆうか喩えじゃなくて実際に門を叩いたのかよ!の件
知らない外国人からお薬買っちゃダメ!の件

こんな人が本当に宇宙飛行士になれるなら、チミも世界統一大統領とかになれると思うよ。

ちなみに今回のお写真は、JAXAの筑波宇宙センターで行われている「宇宙飛行士模擬訓練体験」に参加した際のものです。制服を着て、実際の宇宙飛行士が訓練をする施設に入れて頂きました。

その際、宇宙飛行士としての適正をみるテスト「宇宙飛行士適正検査」というもの受けたのですが、


正確さが「A」それ以外は全部最低の「C」

判断力なし、集中力なし、協調性も基礎能力もなし。でも正確さだけは優秀。一体どんな男だよ、つって。

例えば学校のクラスでいえば、勉強もできず、たえずソワソワしていて、いつもクラスの隅でひとりぽっちなのに、お昼の12時になると必ずお腹がグ〜ッとか鳴る男とかでしょうか。正確だな〜つって。そんな人、同窓会とか絶対呼ばれないよね。実際呼ばれないわ。あはは。


雑記comments(26) *author : wacky
迎春 2013
新春だから 小さなお友達の絵を見てみよう の巻


確かにこうなったから チミが産まれたんだね



その謎の物体が イモかフンかでだいぶニュアンス変わるよね



どういう状況なのか早めに教えてね



おともだちが たくさんできたんだね


ウへへへ

ヒーヒッヒ

ケーケッケ


-----
新春だから みんなの願いをみてみよう の巻


●おうちのせっけいずを かつひとになる
→よく分からないけど勝てると思う


●宝くじにあたりますように
●身長が延びますように
●モテますように
●10万のブレスレットが返金されますように
→なんかもう「煩悩」というタトゥーをおでこに彫ればいいと思う


--------------
というワケで、昨年中に撮ってはみたものの、使いどころのなかった画像の在庫処分から始めてみたのです。

新年明けましておめでとうございます。

2013年は26年ぶりに西暦の数字が重ならない年だそうですね。1988年以降は同じ数字が必ず重なっていたのだそうです(1988 1989 1990....2012)。
これはなんだかすごい事......のように一瞬思いましたが、よく考えれば、だからなんだと言うのだね。「おぎやはぎ」の小木さんの本名が本当は「こぎ」さんだと知った時くらいの感情で充分かと思います。

さて、皆様は新年をどう迎えられたでしょうか。ワキサカは大晦日の夜10時くらいに、いつのまにか寝てしまい、起きた時にはすでに元旦の朝4時。おじいちゃんの日常のような年明けになってしまいました。

その後は近所の神社に初詣に行きまして、毎年恒例にしている「おみくじ」での運試し。気合いを入れて引いてみた結果は「」。...お賽銭もちゃんと投げたのに、新年から少し不安にさせてくれる神様って素敵ですね。今年はロクな事が起きないのかもしれません。集合写真で目をつぶっていたり、口内炎が毎日出来たり、カラスがウチの上だけを旋回し続けたり。

しかし実のところ、ワキサカにとって「」などもはや恐るるに値せず。 なぜならば、私は昨年、日光にある「二荒山神社」でひいたおみくじにおいて、今までに見た事もない不穏な結果をひいておるからです。その時にもブログに載せましたが、ここで改めて確認してみましょうね。


まさかの『危』だよ、つって。

で、内容も最悪な事(縁談=ととのひがたし、訴訟=負くるべし、生死=悪し、商業=利なし 、等)しか書いてなかったのですが、確かに昨年は身内のモメ事が起きたりして最悪だったのであります。

顔も知らない遠い親戚を名乗る人物から「お前が3歳の時に一度遊んでやったのに」とか言われるのはもうイヤなので(実話)、今年は「凶」でも充分なくらいです。

-------
★年賀状を頂いた皆様、ありがとうございました。ワキサカはここ最近は年賀状を用意しておらず、毎年頂くばかりで大変恐縮しております。本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
雑記comments(4) *author : wacky
5/6(日)今日はUstream配信 #2
皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか。行楽や渋滞などで、かえってお疲れの方もいらっしゃるかもしれませんね。こういう事を言うのが大人だと聞きました。



さて。以前、モデルのくみっきーさんプロデュースのカラコン『Puream』のイメージキャラクターを描かせて頂きました(その時の日記はこちら。これまでは通販だけでしたが、現在は109やドンキホーテなどでも店頭販売が始まっております。



動物のキャラクターが商品パッケージにも印刷されているので、お見かけの際はぜひお手にとってみてくださいね。カラコンはお目めがハイパーかわいくなりますので、なんなら一度試してみるのもいいかもしれません。

近所の公園で毎日ワンカップを飲んでるおじさんでさえ、カラコンをつければかわいく見えちゃう程でございます。たぶん集まって来た猫なんかよりも、先におじさんを抱っこして、首とかゴロゴロしちゃうよね。ぶたれるけど。

今までモテたいのにモテなかった女子は
Puream』のカラコンをつけて街に出てみませんか?きっと男子があなたを見る目が変わるはず。

まずはほれ、ヴィレッジヴァンガードで買ったサブカル系マンガを捨て、愛用のベレー帽を一旦脱いで下さいね。
ファッションはワカメちゃん風のミニスカート&ハイヒールで決まりです。もしもヒールの高い靴がなければ、お手持ちの靴の底に五寸釘を打てば良いでしょう。海苔でも巻いておけばバレません(味付け海苔はNG)。
あとは偽物のヴィトンを肩にかけ、お尻を反復横跳びくらいに振って歩けば、後ろから確実に声をかけられます。ここでゆっくり振り返り、カラコンの目でウィンク。それが好みの男子なら付き合えば良いし、お巡りさんだったら五寸釘を打って逃げればいいよね。


...だとか、本当にそんな事はどうでも良くて、ギリギリになってしまったんですが、本日のお知らせをさせてくださいな。ひょんな事から始まったUstreamの番組。第二回目を、本日夜に配信いたします。今回はゲストになんと、ギャル漫画家の「浜田ブリトニー」さんが来てくれますよ。パねぇっす!

------------------------------------------------------------
★『ワッキー&ハナヨ・ピンクのホットステーション#2
------------------------------------------------------------

☆配信予定 2012年5月6日 21時〜22時 
(以下のリンク先で時間になれば始まります)

http://www.ustream.tv/channel/pink874


漫画家・花津ハナヨ、ロマンスライターピンク先生、
イラストレーター・ワキサカコウジによる井戸端会議(毎月一回の配信予定)。
アシスタントは美少女みーなちゃん。

ハナヨ先生の新著『ただいま「かくれ人見知り」が平静を装って生活しております。』発売を祝して、今回のテーマは『人見知り』です。



知らない人が苦手な花津ハナヨと、知らない人でも平気?なピンク先生。そんな一見真逆に見える二人が『人見知り』ついて語ります。新しい概念『エロ見知り』も登場するとかしないとか。司会のワキサカコウジが人見知りをしてオドオドしなければ、きっと楽しい番組となる予定!

第二回目のゲストは、ハナヨ先生の元アシスタントで漫画家の浜田ブリトニーさん。
師匠の新著の発売を祝して(?)忙しい中、駆けつけてくれることになりました。どんな人の前に出ても臆することのないブリトニー先輩に、人見知りをしないコツをお伺いしようと思います。

ブリトニーさんのブログでも今回の番組のことを、よく分からない状況の写真とともに紹介してくれておりますよ。

生配信ですので、よろしければツイッターなどで絡んでくださると嬉しいです。
雑記comments(4) *author : wacky
男はいたいよ

未知の動物すぎるから とにかく保健所に連絡しようと思う



まずは国語にしようね



著作権のトラブルってこわい



向こうの準備が遅くてイライラしちゃうよね


----
先日、足首をねん挫してしてしまいました。

たまたま豚骨ラーメン屋さんに入ったところ、床が山芋みたいにヌルヌルだったのです。で、ラーメンを待つ間、ちょっとトイレに行こうと思ったら、見事にすべってこけたよね。

そういう時は痛みよりも恥ずかしさが先に来るもので、プレーリードッグのようにスッと立ち上がり、そのままトイレに入りました。しかし後から左の足首の痛みに気付いたのです。まぁそれでも、両足ではなかっただけ不幸中の幸いと言えるかもしれません。その場合は立ち上がれませんので、トイレにも行けず、頬もパンツも濡らす事になったからです。

そういえば先月、手の人差し指の先にばい菌が入って腫れてしまった事もありました。病院に行くと、注射をすればすぐ治るとのことのでした。そして先生に「少し痛いですけど、大丈夫ですか?」と聞かれたので、「はい」と答えたのです。さすがに大人ですからね。

でもね、指先の注射は想像をはるかに超えておりました。ワキサカは普段、声を荒げたりしないほうなのですが、ひさしぶりに

イデーッ!

という叫びを上げたのです。もちろん自由が丘とかミッドタウンにあるインテリアショップの事ではありません。あのお店の事を今叫ぶ理由がないからです。...などと言ってる場合じゃないほど痛くて、貧血のような状態になり、その後病院のベンチで20分ほど動けませんでした。

今年は他にも身体の不調があったりしたので、どうしたんだろう...と考えていたら、ある事を思い出したのでございます。
それは今年の3月、日光の二荒山(ふたらさん)神社でひいた『おみくじ』のこと。そこには今までに見た事もない文字が書かれておりました。


まさかの『危』だよ  つって

末吉』とか『』ならいくらでもひいた事がありますが、『』ってなんだよ!こんなおみくじがあるなんて知りませんでした。で、細かく内容を読むと、それ相応にすごい事になっていたのです。



◯病気 本復(全快)しがたし
◯待人 来らず
◯生死 悪し
◯商業 利なし
◯縁談 ととのひがたし(うまくいかない)
◯訴訟 負くるべし

 わざわざお金を払って、暗い気分になれて良かったです。ぷんすか。 
雑記comments(5) *author : wacky
大事なお知らせ ※4/2追記あり
平素より拙ブログをご高覧頂き、誠にありがとうございます。
本日は私事ながら大事なご報告がございます。



私、ワキサカコウジは画業を引退し、今後は『占い師』として活動させて頂くこととなりました。これに伴いまして、名前も『脇坂無我』と改めさせて頂きます。

私はかねてより『観相』についての興味を持っており、数年程前に五行思想の流れを汲む観相秘術「叡府李流」と出会いました。その的中率の高さは言うに及ばず、運命哲学にも深く感銘を受けたのです。

以来、秘術を我が身のものとするべく、機会をみつけては修験・研鑽を独自に重ねてまいりました。その結実として、ここに『脇坂流』とでもいうべき運勢鑑定術を体系化するに至ったのでございます。





まだまだ未熟ながら、皆様の運勢向上の一助となれるよう精進したいと思っております。今後も何卒変わらぬご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

※尚、鑑定場所、ご予約方法、料金、その他の詳しい情報は、本日の深夜(4月2日 0:00)に改めてお知らせ致します。さらなる大事なご報告もございますので、ぜひご覧頂きたく思います。


------------------------
(4月2日 追記です)
------------------------

どうもこんつわ、占い師の脇坂無我です。将来の夢は芸能人の家に居候して、いつのまにか親戚とかも同居する事だよ。ピンクの家具も欲しいな。てへぺろ(・ω<)☆

...なんつってね、チミ。

まさかとは思いますが、万が一信じてしまわれた方がいらしたら、本当にごめんなさい。ワキサカは転職もせず、改名もいたしません。もちろんこれは『エイプリルフール』の嘘でございます。だって文章の途中にも「叡府李流(えいぷりる)」って書いてあったじゃないの。

そもそも『脇坂無我』ってどういうセンスなのでしょうか。こちらが聞きたいです。そしてもう一つの謎もございます。


↑脇相ってなんだよ!

う〜む。お嬢さん、脱毛が甘い。夏の出会いは難あり!

とにかく警察呼びますね

という光景しか思いつかないです。

さて、今回は『恥ずかしさ』が最大の敵でございました。だって通る人がジロジロこちらを見るんだもの。恥ずしょんが出そうでした。いい歳こいた男性がニセ占い師を演じるのが、そんなに珍しい事でしょうか。珍しい事でしょうね。こんな思いまでさせられるエイプリルフールが憎いです。

まぁ少なくとも、知人に見つからなかったのは良かったです。もし逆に僕が、突然こんな格好で座っている知人を見かけたら「すっかり春なんだな」と思うからです。とりあえず携帯のメモリは消すよね。

ちなみに文字の書かれた白布や、灯籠といった小道具は特注品。手書きのレタリングが出来る方にお願いしたら、想像以上の仕上がりでした。撮影や衣裳も友人に協力を頼んだり。こんな下らない事にいい大人達を動かしてしまい、申し訳なくて、もはや本当に占い師になるしかないと思います。

今年も騙されたフリをして頂いた皆様、大好きです。

撮影&帽子制作:ササダサルヲさん 衣裳協力:ヤムナさん 小道具制作:むらっちさん(←なんと占い師でもあるので、僕ではなくてこちらに観てもらいましょう)



雑記comments(17) *author : wacky
舞台稽古に潜入の巻

クロイツェル・ソナタ〜光子・黒い瞳の伯爵夫人

先日、友人がプロデューサーを努める舞台稽古を見学させて頂きました。女優・黒沢あすかさんと俳優・山本芳樹さん(Studio Life)の二人芝居でございます。


どうもこんつわ

親戚と近所の犬しか読んでいない『wackylog』の為にわざわざポーズをとって頂きました。何かの取材だと勘違いされているような気もしましたが、変なちっこいデジカメで撮られた時点でおかしいと感じたでしょうね。そう思うと、お二人の表情が「あんた誰?」のようにも見えちゃうし、ここは深く考えないようにしたいです。

ちなみに黒沢あすかさんは、映画『嫌われ松子の一生』や『ヒミズ』の出演も記憶に新しいですが、個人的にはやはり『冷たい熱帯魚』での怪演が印象的。ヨコハマ映画際で助演女優賞に輝いたのもうなづけますよね。こっくり。

そして山本芳樹さんは人気劇団StudioLifeの看板俳優。ファンクラブの会員数が数千人を超えるそうです。現代劇からシェイクスピアまで幅広く演じられる俳優さんです。

そんなお二人の大事な稽古中。おそるおそるスタジオのドアを開けると、ちょうど演技の確認中で緊張感が漂っておりました。僕も最初はおとなしく端のほうで見学していたのですが、一着65万円という衣裳を拝見したら思わずキャッキャしてしまい、演出家の方に「静かに!」と言われたのです。小学校の通信簿に6年間「落ち着きがない」と書かれ続けていたワキサカとはいえ、スタジオに入って5分で普通に怒られたよね。でもそれは真剣に舞台を創っている証拠。

それからは禅僧のような顔をして40分ほど見学。とにかく間近で観る生の演技は迫力が凄かったのです。本番が楽しみ。



稽古が終わればなごやか。ポスターを持つのは演出の犬飼さん

肝心の舞台の内容は、波乱の人生を生きた実在の女性、クーデンホーフ光子とその息子リヒャルトの物語でございます。

念のために言いますが、クーデンホーフ光子とは女性芸人でも、近所のよく分からないマンションの名前でもありません。今から100年以上も昔、明治初頭に正式な国際結婚をした初めての女性です。ゲランの香水『ミツコ』のモデルとも言われているんだとか。

光子は18歳で、ハンガリー帝国の大使であったハインリヒ・クーデンホーフ=カレルギー伯爵と いう、カレーが苦手そうなお名前の方と結婚。その後、夫の祖国であるハンガリー帝国に渡ります。7人の子宝に恵まれ幸せに暮らしていたのもつかの間、夫が急死。
異国での支えを失った彼女に様々な波乱が訪れます。財産問題や、最もお気に入りだった三男のリヒャルトが恋人と駆け落ちを...つって。

最終的には、まさかのEUの歴史に関わるような展開になっていくんだけど、これが実話なのだから凄いです。とりあえず実在の人物なのだから、写真とかみたいよね。


オシャレしてきて って言われたの

------------------------------------------------
来週早々開演の舞台ですが、当日券も出るようです。そして4月上旬に、DVDの発売も決定しているそうです。興味があれば下記リンク先で確認してみてくださいね。

クロイツェル・ソナタ〜光子・黒い瞳の伯爵夫人
★3月14日(水)19時 
3月15日 (木)14時/19時
会場:表参道 GROUND 03-5772-8566

ちゃんと告知したからプロデューサーの三好さん100円ちょうだいな。
雑記comments(6) *author : wacky
あけまして2012
 新年だから メッセージの伝わる写真をみてみよう
-----

ストライプだと縦縞になるけどいい?



語尾がウサギ→マウスときたのに、最後だけ手を抜く。そういうトコだと思うんだ。



ピンチ過ぎるだろ  性欲まる出しやないか



とりあえず 吉幾三さんプロデュースのお菓子置いときますね。



裸で散歩させたりして 今までつらい思いさせたと思う



もっと距離とりなさいってば


------
新年明けましておめでとうございます。皆様のお正月はいかがでしたか?ワキサカは年末に風邪を引いてしまった事もあり、陸ガメくらいの動きでおとなしく過ごしておりました。初詣で引いたおみくじも控えめな『吉』なのでした。

それにしても、昨年は色々と想定外の事が起きた年でしたし、もしかしたら今年は意外と年が明けないのでは?とドキドキしました。無事に2012年がやってきて良かったです。毎年、時間通りにちゃんと明けて偉いですよね。

ワキサカはよく時間に遅れるので、見習わなければなりませんね。今では少しマシになりましたが、高校生の頃はひどいものでした。朝に起きれず、ひどい時には午後から学校に行ったりしていたら、ある日先生に呼び出しを受けて、「お前の遅刻の回数が学年で2位だ」と言われたのです。1位はほとんど学校にこない不良の女子だったので、先生は続けてこう言いました。

実質トップだな

皮肉だとわからなかったので「ありがとうございます」と素で返したら、先生がくさやを焼いている時のような顔をしました。

よく分からないけれど、新年のあいさつに代えさせて頂きます。

雑記comments(2) *author : wacky
タイ記晩成 4
 ワキサカはタイの動物園にやってきています。なぜそうなったのかは、こちらを適当にご覧くださいませ→ タイ記晩成 1  タイ記晩成 2  タイ記晩成 3

----
さて、だんだん閉園時間も近づいてまいりました。そろそろ鳥ちゃん達に会いたい、いや会わねばならぬ。そう思ってキョロキョロしていたら、突然かわいいのが現れたのです。


うへ〜 つって

契約書とかをちゃんと読まなそうな目がキュート。もしかするとこれは、鳥ちゃんはここにいるよ、というテルマからのメッセージなのかもしれません。で、あたりを見回すと...


発見! 鳥ちゃんゾーン

この扉の向こうが鳥の小屋になっているのですね。はるばる日本からやってきたワキサカを出迎えてくれるのは、どんな鳥ちゃん達なのでしょうか。かわい子ちゃん過ぎてスリスリとかしちゃったらどうしよ〜。それではお邪魔します。



刺したろか 

ひえーっ  スリスリするどころかスリ集団のボスみたいなの出たー。だれか だれかー。


しばいたろか

ぎょぇーっ ややこしそうな人もきたー。その服一体どこで売ってるんすか...

----

鳥が苦手な方には申し訳ありませんでした。この動物園には、他にもサイチョウ(上の写真:くちばしの上に突起があってサイの角に似てるから)の仲間が多種おりましたが、あまり見やすい環境ではなかった為、いい写真もとれず、早々に退散。とりあえず園内にあったファーストフードで休憩と食事をとったのです。


まさかのチキン

トリかえしがつかないね。
さて、せっかくだから他の動物でも見ようかとぶらぶらしておりますと、かわいい木の看板?オブジェ?を発見。モビールみたいだな、などと眺めていたら...


ん?なんか下のほうに紙が貼ってあるぜ


フォト...サービス...ウェルカム

ほほう。写真を撮ってその場でプリントしてくれるとな...。

で、もちろん結果はこうなるよね。


メガネ男とオウム様

スタッフのタイ人に「動物園に一人できたの?」的な事をさんざん聞かれたけど、がんばって顔を作ったのでござる。肩と手に乗ってるのはコンゴウインコで、正確にはオウムじゃなくてインコなんだけれども、実はそんな事はどうでもよいのです。ワキサカの右手に抱えている黒っぽい何かに注目してください。これはカバンでも、滲み出てしまった腹黒さでもありません。


まさかの丸出し スカンク

なんだかよく分からないけれど、当たり前のようにスカンクを抱えさせられたのです。意外とかわいいし、色んな意味でご立派。男として若干嫉妬いたしました。しかし、後から写真を確認すると、位置的にまるで僕のがポロンしちゃっているようにも見えますね。スカンクの男としての懐の深さに感じ入りました。

-----
という訳で、タイ記は一旦終了でございます。雑誌のコラム等でも他のエピソードを書くつもりなので、またその際はお付き合いくださいね。タイの洪水被害がこれ以上拡大しませんように。

雑記comments(10) *author : wacky
|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ