wackylog

イラストレーター
ワキサカコウジのblog
もしくは雑記帳


<< July 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016年の短冊チェック(イベント報告編)


さてさて。ワキサカのブログでは毎年恒例の『短冊チェック』でございます。

毎年楽しみにして頂いている奇特な方々にはお待たせしてしまい恐縮です。今年は『短冊チェック』がイベント化したこともあり、バタバタしていたのでございます。

もちろん「短冊チェックてなぁに?」という赤ちゃんや、赤ちゃんのような頭髪の方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明致しますね。

ワキサカが毎年七夕の時期に都内各地の短冊飾りを巡り、ユニークなお願いごとを見つけては写真に記録するという活動です。文章で書くと、少しバカみたいなんだよね。

さて、そんな活動をこのブログでご紹介するようになって8年目。なんと今年はイベント化し、先日無事終了させて頂きました。お礼の気持ちをこめまして、当日の様子を少しご紹介させて頂きます。


予約を頂いていたとはいえ、開場前の時点では、本当に皆さん来て頂けるか心配しておりました。通常、知人が「短冊の写真をみんなで観る会に行かない?」などと誘ってきたら、少し距離を置きたいからです。


しかしそんな心配は無用でございました。金曜日の夜というデートチャンスをも捨てた、奇...素敵な織姫さま・彦星さま達が、80人近くもきてくれたのです。


イベントの開始。「毎年こんな場所でチェックしていますよ」という一生必要のない知識をお客さんに押し付けるワキサカ。

イベントの前半はこれまでの短冊チェックのおさらいです。冒頭に「初めてなので優しくしてほしい♥」とお伝えしておいたので、皆さんに暖かく迎えてもらえました。


後半はゲストにタブラ奏者のユザーンさん(右)を迎え2016年の最新短冊チェック。

今年のワキサカは「都区内フリーパス」という電車にいっぱいいっぱい乗れる武器を手に入れ、3日間をかけて20カ所以上の短冊スポットを巡ってまいりました。今年は日差しが強かったため、炎天下でのチェック中に意識が朦朧としましたが、『俺がやらなきゃ誰がやるんだ』という、うっかりな使命感で乗り切りました。冷静になった今なら、元々やらないでいい、という事が分かります。

イベントは前半後半合わせ、合計100枚ほどの短冊を紹介して終了。150インチの高性能なプロジェクターにくだらない短冊を映す喜び、もしくは悲しみを含め、なかなか笑顔溢れる楽しいイベントだったと自負しております。


終演後、一瞬お客さん達に囲まれ、人生でついに華やかな場面が訪れるワキサカ。しかしこの後、最終的に同級生のおじさんと3人だけで飲む事を君はまだ知らない。


以上、まずはイベントのご報告でした。お越しくださった皆様は本当にありがとうございました。
今回お会い出来なかった皆様には、これから今年の短冊チェックを一部ご紹介していきますね。


次回につづく
短冊チェックcomments(1) *author : wacky
短冊チェック2016 7/8開催のイベントのお知らせ
どうもこんつわ。ワキサカです。

このブログでは毎年恒例の『短冊チェック』
ワキサカが毎年七夕の時期に街で見かけた短冊をチェックし、
皆様にご紹介するという企画ですが、今年はブログではなく、なんと......



7月8日にイベントを開催することになりました!直近のお知らせになってしまって恐縮です。

「大勢でワキサカが短冊チェックした写真を鑑賞する」

恐ろしいことにそれだけの、ただそれだけの会でございます。しかもチミ、そんなくだらない事に皆様の大事な金曜日の夜と、500円もとられると言うのですから、世の中にこれ以上無駄な事がございますでしょうか。

通常ですと、一見無駄と思える事柄の中に、人生の新しい気づきや、大切なものを発見することがありますよね。しかしご安心下さいませ。今回のイベントに関してはただただ無駄な時間となりますし、なんならむしろ大切なものをなくして欲しいくらいです。

とはいえ、万が一もし誰も集まって頂けませんと、近所の猫ちゃんかなんかを餌でつって会場を埋めることになってしまいます。猫アレルギーの僕をそんな目に合わせてよいのでしょうか。孤独な短冊チェックおじさんを救えるのはあなただけなのです。詳細は以下に。

『ワキサカコウジの短冊チェック2016』





ご予約・お問い合せは info@aptp.jp まで
ドリンク等はご自由にお持ち込み下さい。
※7/8日追記 おかげさまで満席となりましたので、ご予約は受付終了となりました。当日券はお立ち見になりますが、ご容赦を!


※会場aptpへの行き方

JR東中野駅 西口大江戸線東中野駅 A2出口 を降りて、駅前がこんな感じ。

正面の東中野銀座商店街をひたすらまっすぐ歩きます。途中にライフとかセブンイレブンがあるのでトイレとか寄っておいてもいいね。そして早稲田通りに突き当たれば(角にローソンがあります)右折してすぐです。

こんな黒い壁のあるビルです。

入口はこの矢印の奥。エレベーターに乗って直接5階までお越しくださいませ。


ちなみに東西線 落合駅 からは 1出口 を降り左(ローソンがあるほう)にまっすぐ進むだけです。途中にゲオがありますので、ビデオを借りてもいいね。東京トヨペットの先です。

これでたどりつけなかったら、もうどこにもたどりつけないと思うけど、落ち込まないでね。

短冊チェックcomments(7) *author : wacky
アーティストデビューします うそです
※2016年4月2日追記
以下エイプリルフールのウソでした。ご容赦を!

---

2016エイプリルフール

街が桜色に染まる頃。人それぞれに出会いや旅立ちがある時期ですが
今年の春は、私にとっても新たなる挑戦の時として、きっと思い出深いものとなることでしょう。

なぜなら私こと、ワキサカコウジはこの春より日本を離れ、EBMアーティスト「WACKY-T」としてアジアでデビューすることとなったからです。

レーベルとの契約の関係で、関係各位の皆様には急なご報告となってしまったこと、何卒ご容赦下さいませ。そして厚かましいお願いではございますが、イラストレーターからアーティストとなるワキサカへ、変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、私のてがけるEBM(エレクトリックショック・バード・ミュージック)とは、新しい音楽ジャンルですので、お耳馴染みがあまりないと思います。世界的に流行しているEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)と語感こそ似ておりますが、クラブカルチャーから派生した音楽ではありません。成り立ちは全く別のものですから、少し説明が必要ですよね。

あれは3年程前だったでしょうか、毎日公園で時間をつぶしている時期がありまして、ハトに餌を与えるおじさんと意気投合いたしました。そして「君にも餌を与えたい」とのことで家に招待をしていただく機会があり、その際に彼が聞かせてくれたのが、EBMの第一人者、ポンズ・トリカワ氏の曲だったのです。


ポンズ氏

それは今まで聞いたことのない音楽......あるいは鶏の朝鳴きとも言えるようなもので、思わず鳥肌がたったのです。そこには私を強烈に惹き付ける何かがありました。いてもたってもいられず、EBM発祥の地バンコクで活動されているという氏の元に駆けつけることにしました。庭で水浴び中の突然の訪問に、ポンズ氏は豆鉄砲をくらったような顔をされておりましたが、それでも優しくEBMのことを教えて頂くことに。さらにはお土産に持っていった銘菓「ひよこ」を大変気に入って頂き、毎月送る約束をしたところ、アジアでのアルバムプロデュースも引き受けて頂くこととなったのです。

エイプリルフール
4月2日発売のアルバム『WACKY-T』

EBMの決まり事はひとつだけ。それはエレクトリックショック・バード、つまり感電した鳥の気持ちを表現する音楽ということです。

通常、鳥は電線に乗っても感電する事はありません。カラスやスズメがよく電線に止まっている事からも分かります。しかしそれは一本の電線の場合なのです。万が一、同時に二本の電線に片足ずつ乗っけてしまった場合は瞬時に高圧の電圧が流れてしまい、鳥も感電してしまうのです。その時の「え?」という気持ち、流れる電気の無慈悲さ、せめて義務教育(理科)を受けていれば......という空しさ。こういった感情を音に変えていくのです。

もちろん楽器編成やbpmなどは鳥のように自由ですが、ほとんどのEBMアーティストは、羽毛ふとんを叩く音をサンプリングし、トラックを作っております。そして心から感電してしまった鳥の気持ちを思い、奇声を発するのです。

キェ?キェキェキェーーーッ キェーーッ デンキェーーーッ

音楽を文章で表現するのはとても難しいですね。一刻も早く音源を聞いて欲しいところですが、本日深夜にまた改めてこの欄に音源や詳細なアルバムの情報など、追記致しますので、よろしければご覧下さい。

エイプリルフール
バンコクでは一足早めにLP版が発売されております

それでは今後ともよろしくお願い致します。



---4月2日追記---

というワケで、おじさんが今年もエイプリルフールをやってみました。

最近のエイプリルフールは、企業がユーモアセンスを競う日となりつつあり、個人同士がウソをつきあう場面などみかける事はほとんどありません。さすがに昭和の感覚だと思いますし、僕も誰かに早く「やめろバカ」と言ってほしいです。出来れば女子がいいです。

さて今年のウソは、エレクトリックショックがどうのこうのと、よく意味が分からなかったかと思いますが、ご安心下さいね。自分でも全く分かりません。分からな過ぎて、途中でニ度泣いております。

実は、ポンズ・トリカワ氏って言いたかっただけなのでした。

事の経緯はこうです。

先日居酒屋さんで「鳥皮ぽんず」を食べました。その際になんとなく、「ぽんず」が後についているということは、「鳥皮」ではなく「ぽんず」がメインみたいだな、と思ったのです。通常の料理名は調味料が先につく事が多いですよね(例えば、しょうゆラーメン、味噌田楽、塩さばなど)。

そうなると、この「鳥皮ぽんず」はなぜ「ぽんず鳥皮」ではないのだろうかと疑問に思いました。熟考の末、導き出された答え、それは「ぽんず鳥皮」ですと、謎の日系二世、ポンズ・トリカワ氏みたいになってしまうから......というものでした。
なんならポンズ・トリカワ氏は実在の人物であり、ショーンマクアードル川上さんとお友達なのではないかとすら思えてきたのです。そして実在するならば、トリカワという名前なのに太っているほうがいいな、と思いました。

以上が、あなたが今年読んだ一番無駄な文章となります。うれしいよね。

雑記comments(14) *author : wacky
2015年の短冊チェック 3


さて、2015年の短冊チェックもこれが最終回。皆様は自分が子供の頃に短冊に書いた願い事を覚えていらっしゃるでしょうか。僕はすっかり忘れてしまいましたが、少なくとも「短冊チェックおじさんになりたい」ではなかったと思います。

(何を言ってるかわからないお友達は 2015年の短冊チェック1 からご覧下さいませ。ちょっと頭のいいオウムなんかでも理解できるようになっております)


それでは引き続き素敵な短冊の世界をお楽しみ下さい。

-----------

『みんなは友達です』
→「でも私は違います」的なニュアンスになるよね


『足が早くなりたい かならずこのねがいをかなえてください』
→申し訳ございませんが ぐいぐい来る感じはご遠慮下さいませ


『大ケガをしませんように』
→すでに おっちょこちょいが溢れだしてるもんね


『人の目を気にせずに 願い事が書けるような 勇気を下さい』
→なるほど じゃあ今から 願い事どころかフルネームを漢字で書いちゃうほど 勇気のある人の例を見せるね


『Hなお店に行ってみたい』
→勇気って無駄かもしれないね  (写真提供:えま様)


『ハクビシンが話せるようになってほしいです』
→どうもこんつわ 鼻の中心が白いから白鼻心です くらいしか話題がないと思うよ


『何もいらないので 何も奪わないで下さい』
→ババ抜きしてると 最後そうなるよね

 
『おたんじょう日のケーキが いつもよりも 特大でありますように』
→いつものみみっちいケーキだと ろうそくで針山みたいになるもんね


『いっぱいおかねをつくって おうちをかう』
→どうしてもって言うんなら せめて精巧なプリンターでつくろうね


『おかねも たくさん なたの』
→作業が早いタイプ


『ブリーフが  流行りますように』
→そういうご商売なのか 性的嗜好なのか お手紙下さい


『おとなになったら ファッションになりたいです』
→うーん 概念になるのは すごく難しいけれど とりあえずイタリアあたりに行くといいかも


『パスタになれますように』
→うん チミは確実にイタリアに行け


『嘉浩がすっぽんぽんで 襲いかかってきますように♡』
→そして本気でビンタしてやれ嘉浩


『しょうらいになっても 思いどうりになりますように』
→いまのところ 思いどおりなんですね おめでとうございます


『まいにちくりすます いいなー』
→毎日夏休みみたいなおじさんなら 公園にいるよね


『宇宙についてのほとんどを 理解出来るようになりたいです』
→もし理解できたらラインで教えて


『◯◯ちゃんへ ごめん ママが悪かった ゆるして』
→できれば これをこのまま封筒に入れて送ろうね(泣)


『彼女欲ちい』
→うん ちょっと今ママと大事な話してるから 向こうへ行ってて欲ちい


-----------
というワケで2015年の短冊チェックはいかがだったでしょうか?


うんうん わかるよチミ

毎年お気に入りの一枚があるのですが、ワキサカ的には今年は第一弾で紹介した『彼ピしゅき』という短冊が良かったと思います。たった五文字だけで、これほどネジの外れた感じを出すのは容易ではありません。ネジ外しの高度な訓練をされたのでしょうね。そしてよく考えると、そもそも願い事ですらないのが秀逸です。

それでは来年、お互い生きていればまた一緒に短冊チェックしようね、つって。

え〜 まだ短冊見たいよ、このままじゃストレスでネイルサロンの帰りにトイプードルを衝動買いしちゃうよ、というチミは下記のリンクから遡ると過去のものが順番に見れるので安心してね。

過去の短冊チェック一覧


短冊チェックcomments(3) *author : wacky
|PROFILE|

★略歴/お問い合せ先はこちら
.......................................

★ワキサカの作品集はこちら
.......................................
twitterはこちら
|SELECTED ENTRIES|
|CATEGORIES|
|ARCHIVES|
.............................
................................
|LINKS|
このページの先頭へ